在来種そば連絡協議会が発足しました

在来種そばMap
日本蕎麦保存会
在来種そば連絡協議会が、2018年4月3日、発足しました。
全国の在来種そばの生産者が情報を共有し、力を合わせて、在来種そばの価値を高めていくことを目的としています。
在来種そば、福井在来
在来種そばは、各地で個性が異なり、そば好きな人にとっては、非常に魅力的な材料です。

【在来種そばのブランド化を目指します】

日本国内のそば生産量の、およそ3分の1が、在来種であると言われています。

合計の生産量は意外に多いのですが、それぞれの生産者が小規模で孤立しているため、在来種そばの振興をはかるために、効果的な活動ができないのが現状です。

こうした状況を打開するために、「在来種そば連絡協議会」を発足させました。

日本蕎麦保存会の中の一部会として活動し、在来種そば生産者の力を結集する場にしたいと考えています。

志をおなじくする在来種そば生産者のみなさん、ぜひ、この会にご参加ください。

ご一緒に、私たちの在来種そばを、商品としての力を備えた魅力的なブランドに育てあげましょう。

 

【いろいろなイベントを計画しています】

今後の活動として、関東地方など、蕎麦の消費地で、在来種そばについてのイベントを開催します。これにより、在来種そばの知名度のアップ、消費量の拡大に結びつけます。

さらに、在来種そばのイベントを、年に一度、全国規模で展開し、在来種そばのブランド化に取り組みます。

PR活動は、在来種そば連絡協議会、及び、日本蕎麦保存会が中心になって行いますので、会員に過度の負担をかけることはありません。

そばの食文化は成熟度を増しています。これからは個性的なそばに価値が生まれる時代です。小さな村の希少な在来種を求めているそば店と、人知れず、良質の在来種を大切に育てている生産者を、在来種そば連絡協議会が結び付けます。

極上の在来種そばのメニュー
極上の在来種そばは、その持ち味を十分に引き出してこそ、本来の価値が出てきます

【情報発信の方法】

幸いにも、私たち「在来種そば連絡協議会」は、日本蕎麦保存会が管理する『日本蕎麦保存会.jp』や、その兄弟サイトである『蕎麦Web』を、必要に応じて活用することができます。蕎麦専門のインターネットのメディアという武器を使い、在来種そばのブランド化を実現させましょう。

また、日本蕎麦保存会に加盟しているそば店は、在来種そばのおいしさを、十分に引き出すことのできる技術を備えた名店ぞろいです。こうしたそば店のメニューに載ることは、その在来種がおいしいことの証明になります。良質の在来種そばは、少量であっても、日本蕎麦保存会加盟のそば店で、高価格で購入させていただきます。

【そば屋さんもご参加ください】

「何か私の店ならではの、個性的で魅力的なメニューを提供したい」とお考えのそば屋さん、在来種そばを、お店のメニューに載せてください。各地の在来種そばの食べ比べや、ホシの散った透明感のある美しいそばなど、お客さんを虜にするおいしいそばを提供する、お手伝いをいたします。

日本蕎麦保存会は、凄腕のプロフェッショナルの集団です。 そば屋さんも一緒になって、在来種そばの魅力を広めましょう。

 

本会の活動の目的にご賛同いただける方は、以下のフォームにご記入いただき、お申し込みください。

在来種そばによって地域を活性化させる活動を、一緒に、力強く、進めましょう。

                       在来種そば連絡協議会 事務局/片山虎之介

 

 

【在来種そば連絡協議会へのお申し込みは、こちらから】

 

 

日本蕎麦保存会
そばの食べ歩きの感想文、投稿の受け付けを開始しました

                                                 イ …

日本蕎麦保存会
岩手県の三陸、釜石で、そば打ち教室を開催します。お近くの方、遊びにきてください -日本蕎麦保存会-

2018/04/27 岩手県釜石市を中心にした地域で、そば打ち教室を行っています これから行う会に、 …

日本蕎麦保存会
日本蕎麦保存会とは、こういう会です

日本蕎麦保存会は、凄腕のプロフェッショナルの集団です 日本蕎麦保存会に所属するそばの技術者、そば研究 …