おろしそば
福井県のおいしいそば屋

出張で福井県に出向いた。
ずっと気になっていた『きょうや』に行くチャンスがやっとできた。

それほど そば好きでもない友人が、福井で人気だと言うので入ってみたら
「くるみそば」が異様に旨かった!ぜひ、行ってみて欲しいと
大興奮で話していた店だ。

ずいぶん寒い日だった。
寒い日でも、やはり冷たいそばを食べるべきだろう。なにしろ福井なんだから。
と、『きょうや』の、人気店にしては地味なたたずまいの店の扉をあけて入った。

 

 

暗めの色使いの落ち着ける店内。
2~3組の客がテーブルにいるが、とても静かで、
自分ひとりの貸切になっているような感じがする。

メニューを開くと、まず店のそばについての説明が書かれている。
丸岡産の玄そばがベースで、季節によって、奥越や北海道のそばをブレンドするのだとか。
製粉は、蟻巣石の石臼の自家製粉。もちろん手打ちそばだ。

目移りするくらい、いろいろあるメニューの中から、まずは、「くるみそば」を注文する。

お客が少ないせいか、程なく、そばが運ばれてきた。
せいろに盛られた白めの細切り。福井にしては珍しいそばなのではないだろうか。
どちらかというと、関東のそばに似ている。
花番さんに、そういうと、この店の主人は軽井沢で修行したとのこと。
へえ、そうだったのか。軽井沢の名店?といえば、、、あの店かな。
それなら、細切りになるはずだ。
ちなみに くるみは信州産とのこと。
信州のくるみ、そばは丸岡。いい組み合わせだ。

くるみそばとは、
粉末状にしたくるみに、みりんや味噌を加えて練ったものを、そばつゆで溶いて、
それにそばをつけて食べるものだ。

くるみそば
食べてみた。
これはうまい!!
くるみの香ばしさと、味噌やみりんの甘みで、なんとも優しい美味しさに仕上がっている。
あっという間に食べきってしまった。
しかし、丸岡の玄そばだったはずだが、どこに丸岡の味があったのか、
よくわからないうちに食べ終えてしまった。
かなり残念。
福井まで来たのだから、丸岡の味に溺れたい。

二杯目を注文した。
内容は福井の名物、おろしそば。太打ちおろしそばは「しぼり」と「みぞれ」がある。
たふたふの大根おろしを楽しみたくて「みぞれ」を頼んだ。

おろしそば

運ばれてきた「みぞれ」は、なんともいい姿をしている。
写真を、ご覧いただきたい。

さあ、高鳴る胸をおさえて、そばをいただく。
まず、汁のかかっていないそばを選んで、引っ張り出す。汁がついてしまったら、そばの味がわからない。ここが、おろしそばの残念なところだ。
幸いにも、そばだけ引っ張り出せた。

やや太めの、もっちりしたそば。
緑の甘皮の風味が、口中にあふれる。
これが丸岡だ。こうでなくちゃ。

くるみそばを気に入っていた友人にはぜひ、こちらの「おろしそば」も強く勧めておこう。

 

そば湯

最後に出てきたそば湯。
これはそば粉を溶かしてあるのだろう。
こってりして、自分としては好みの 濃厚そば湯でした。

ごちそうさまでした。

 

(レポート/小手投げ)

 

 

 

 

【 店 名 】きょうや

【 読 み 】きょうや

【 電話番号 】0776-25-1662

【 住 所 】福井県福井市和田中2-936-2

【 アクセス 】車がおすすめ。JR福井駅からタクシー約10分。

【 営業時間 】11時~15時 17時〜20時

【 定 休 日 】火曜

【ひとり分の平均的な予算】昼 2,000円

【 予 約 】

【クレジットカード】不可

【 個 室 】あり

【 席 数 】

【駐 車 場】あり

【 煙 草 】

【アルコール】あり

【店のホームページ】なし

 

 

神奈川県のおいしいそば屋
手打そば 惣左衛門(神奈川県横浜市)住宅街と商店街の混じる便利な場所にある街の名店の蕎麦屋さんで味わう手打ちそば。

長津田駅南口から旧大山街道や国道246号を横断した後、商店街がバス通り両側に続きその奥には落ち着いた …

北海道のおいしいそば屋
蕎麦 十箱 (北海道新得町) そばの産地の十割蕎麦屋

北海道には「そばロード」と呼ばれる道路があります。道路の両側がソバ畑なのです。この「そばロード」は、 …

茨城県のおいしいそば屋
田舎そば 美里(茨城県守谷市)古民家の達磨ストーブのある土間で味わう十割蕎麦

「茨城のそば屋さん 常陸秋そば50店」に掲載されていたので、車で早速出かけた。常磐道谷和原ICから約 …