手打そば 千喜知庵(岡山県岡山市)しなやかな10割蕎麦の味。とともに、デートを楽しめるおしゃれなお店。

岡山県のおいしいそば屋

目的のお店が本日臨時休業。そこで、知り合いに相談したところ、千喜知庵を勧められた。千の喜びと知。名前に込められた意味をしばし想像。

岡山駅から10分より少し歩くような。とはいえ、最初のお店にいき、振られて、さらに歩いたのだから、実際は20分以上歩いている。いや、本当はもっと近いのだろうけど、そこは、方向音痴。さっそくスマホのナビゲーションでも、迷ってしまった。さらに、お店の前に来るも、おしゃれな店構え。一旦通り過ぎてしまう。


お店に入ったのが、6時すぎ。若い女性がカウンターに一人。オープンと同時に入ったのか、しばらくして、お店を後に。常連さん?

メニューをみて、もりそば、生粉打ち(10割)

10割蕎麦があるのを嬉しく思う。しかしながら、10割そばって、今まで頼んで後悔したこともしばしば。しかし、お店にはいっただけで、ジャズの流れ、また、。食べる前から、期待してしまうお店ってありますよね(ネットの評判は関係なしに。五感で感じるというか。)

10割は普通の蕎麦より100円アップ。天せいろで、生粉打ちのセットに変更、大丈夫とのこと。1500円プラス100円。

待っている最中。厨房のほうで、天ぷらを揚げる音がきこえる。残念なのはカウンターに座っても、厨房の中が見えないこと。しかしながらこれは、お客から厨房が見えず、また、厨房からもお客が見えないということ。

接点はオーダーをとりにくる、感じのよいホールの人のみだし。メニューに、お会計はお席でと書いてあり、ゆっくりと出来そう。お蕎麦屋さんによっては、お客と、お店の人との距離が近かったり。それはそれでいいのだろうけど、初めてのお店では(なんとなく、イチゲンサンお断りっていう風な)とこもあったり。そう、ぶらりと一人での訪問にも優しいお店。また、お店の人と無理に会話しなくてもいいお店。


雰囲気もカフェみたいだし、本当は、本をゆっくりと読んで、食後のコーヒーならず、そば湯を、楽しみたい。

あ、メニューに、そば茶のブリュレを発見。ますますゆっくり、いや、2時間ほどゆっくりとしていきたい。だけど、きっとお店の人に迷惑だろうなと。

ここは、ホールの方も、清潔な白の割烹着をきて、清潔感と、ほのかな柔らかさ。また、お店の内装がおしゃれなせいか、白の割烹着さえも、洗練されて見える。

その間におしゃれそうな、40代の4人組のグループ入店。

天ぷらが先に運ばれてくる。えび、ししとう、しいたけ、小魚など。まずは、ししとうをいただいてみる。天ぷら専門店のような、薄めの衣。衣の触感もサクッといい感じ。えびは、蕎麦がきてのお楽しみとうことで。

しいたけを摘まんだところで、待望のお蕎麦が運ばれてくる。見た目、一人前の量は、普通か、少し多め。お汁がとっくりに入っているのは嬉しい。蕎麦湯を飲むときにも、濃度調節出来るし。つゆを、蕎麦猪口に半分ほどいれる。


お蕎麦の色は、きれいな薄めのグレー。星とかははいってない。粗びきもいいのだけれども、のど越し重視なのかな。つや、また、一本一本がしっかりと立って、盛り付け方も、少し空気がはいるような、ふわっとした盛り付け。

べったっとした、盛り付け、また、コシがない蕎麦は、ふわっと盛り付けても、すぐにべったとして、配膳されてしばらくしたら、潰れてしまうものだけれども。見た目のつゆの色が濃いいため、醤油が主張しているのかなと思い、つゆに1/3ほどつけて食べて見る。

思ったよりも、醤油が勝ってなく、次に、ほぼ全部つけてみる。うーん。全部つけると、やはりつゆの味のお蕎麦になってしまい、お蕎麦の良さがなくなってしまうなー。結果半分より、少し、6割つけて一番との判断。薬味は、白髪ねぎと、わさび。わさびだけを食してみる。甘味があり、それでいて、辛みもある。わさびを少しお箸にとり、蕎麦につけて食べると、また、違った楽しみ。


前半は、わさびにつけず、蕎麦を食べて、後半に、少しずつわさびを付けて。

蕎麦のコシと、しなやかさの両立したお蕎麦というのは、難しいと思う。

普通は、お蕎麦は、さっと手早くすすって食べるのが粋だろうし、時間をかけると、お蕎麦がべったとしていまうし。だけれども、せっかくのお蕎麦、ゆっくりと食べるのが好き。また、食べ始めとの、触感の変化を楽しむのも。

配膳されると、まずは、見た目を楽しみ。蕎麦のコシ、つや、色。つゆの色。これで、どれだけ汁につけるか、ゆっくりと食べのか、手早く食べるのか。ここでは蕎麦がしっかりと立っているので、ゆっくりと。結果、食べ終わるころにも、しっかりとした美味しいお蕎麦が楽しめました。

そば湯は、かなりこってりとしていて。ポタージュのような。開店して30分ほどで入ったので、お湯自体は、まだそこまでどろっとしてないだろうし。お蕎麦やさんによっては、反対に薄めの場合には、蕎麦粉を足して欲しいと思うこともしばしば。


ここの汁の味は本当にバランスが取れて美味しいし、もう少し、さらっとした蕎麦湯だったらなと。これは好みですね。

10割蕎麦に思えないような、蕎麦のコシ、弾力。しなやかさ。のど越しの良さ。

二八蕎麦は、加水率が低めの蕎麦を最近好み。(加水率が高いお蕎麦は、ゆっくりと食べると、最後のほうはくたっとなってしまうので)しかしながら、ここのお蕎麦を食べて見て、10割でこののど越し。加水率は高め、または、ゆで時間を少し長めにして氷水で締めているのか?)数本、下と上歯だけで、切ってみても、弾力を感じる。なかなかすごい。

つゆの味だけ味わってみても、厚切りのカツオ節を長時間煮込んで煮詰めた味。とはいっても、主張しすぎず、お醤油とのバランスも良く。

お会計は、席での会計。厨房が見えなかったのだけれども、ホールの人のありがとうございましたとの声の後に、厨房の中からもありがとうございましたとの声。最後まで、おしゃれで、また、感じのいいお店でした。

(レポート提出/吉助)

【店名】手打そば 千喜知庵

【読み(ひらがな)】せんきちあん

【 店の電話番号 】086-223-1216

【 住 所 】岡山県岡山市北区中山下1-7-7

【 アクセス 】岡山駅から徒歩12分

【 営業時間 】11:30~14:30 17:30~21:30

【 定 休 日 】月曜日

【ひとり分の平均的な予算】昼   夜 2000円

【 予 約 】

【クレジットカード】

【 個 室 】

【 席 数 】

【駐 車 場】

【 煙 草 】禁煙

【アルコール】有

【店のホームページ】

【地図にリンク】 https://goo.gl/maps/HWqrcxLJFGD2

北海道のおいしいそば屋
手打ちそばさくらの定食屋(北海道札幌市)有名店のDNAを継ぐ個性派蕎麦。

札幌市豊平区は月寒グリーンドーム跡に出来た複合商業施設「ブランチ札幌月寒店」のテナントとしてオープン …

北海道のおいしいそば屋
志の家 (北海道札幌市) 美しい白糸のような更科蕎麦。

「志の家」は言わずと知れた札幌市中央区の名店である。創業者の故・新納忠氏は、歴史的老舗「一茶庵」での …

北海道のおいしいそば屋
そば哲(北海道安平町)自家栽培で打つ本格手打ち蕎麦

北海道は勇払郡安平町にある本格派蕎麦屋である。元々はドライブインだったが、時代を見据え、約30年前に …