蕎麦 十箱 (北海道新得町) そばの産地の十割蕎麦屋

北海道のおいしいそば屋

北海道には「そばロード」と呼ばれる道路があります。道路の両側がソバ畑なのです。この「そばロード」は、道央の滝川市から道東の釧路市を結ぶ国道38号線のうち、十勝にある新得町を通る部分にあたります。

新得町は幌加内町に次いでそばの生産で有名です。今回のお店は、新得駅から車で5分ほど行ったところで、国道38号線のすぐそばにあります。

お店は十勝漬本舗という漬物屋さんの近くにあります。周りが木に囲まれ、とても落ち着いた雰囲気です。国道近くとはいえ、車の音をそれほど感じません。


店の横に駐車場があり、紺色の大きな暖簾が敷地の入り口にかかっています。暖簾をくぐった先には左手に店舗があり、右手は木で囲まれています。お店は一見すると蕎麦屋なのかと感じてしまうような、民家のようでもあり、入り口を見ると人の集まる会館のようでもあり、洋風らしくもありと、来たときの天気や気分で見方が変わりそうな、面白い建物をしています。この日は天気が良く、とても気持ちの良い景色でした。

入り口でスリッパに履き替えて店内に入ります。右手は厨房、正面左手にカウンター席、左奥にはテーブル席と小上がりがあります。大きな窓が4カ所にあり、空間が広く、テーブルとテーブルの間にも通路にも十分な余裕があり、満席でもゆっくり食事ができる雰囲気です。

白い壁と濃い茶色の床との組み合わせ、白い椅子と茶色のテーブルとの組み合わせが落ち着いた雰囲気をさらに演出しています。

カウンター席とテーブル席の間は通路のように広いスペースになっており、雑誌や地域情報誌などが本棚に置かれています。カフェといわれてもおかしくないくらい、おしゃれで洋風の感じもありつつ、蕎麦を楽しめる空間を作っていると感じました。

お昼を少し過ぎた頃で、お客さんは他に一人だけでした。お店は家族で仕切っている様子です。女性の店員さんが二人と、厨房の奥に若い男性がおり、この男性がそばを茹でていました。

メニューはもりそば、ざるそば、かけそば、かしわそばの4種類と、炊き込みご飯のセットがあるのみです。地元の蕎麦粉を使い、蕎麦ひとつで勝負しているのがわかります。メニューを見ていると、女性の店員さんがおしぼりとお水を持ってきてくれました。メニューを決め、店員さんにざるそば(炊き込みご飯セット)とかしわそばと注文しました。

地元を紹介するチラシや冊子を見ているうちに、しばらくしてお盆に乗せられたそばが運ばれてきました。

ざるそばは、黒い角皿に山型に盛られており、量があるなと感じました。そばは濃いめのねずみ色に近く、角がしっかりと立っています。太さは2mmくらいでしょうか。1.5cm角にちぎられた海苔がたっぷり乗っています。一本一本に細かく星があり、ツヤの中にざらざらした感じが見えます。十割で打っている蕎麦であることがよくわかります。

一口すすって見ると、蕎麦の甘い香りがします。甘みの中に蕎麦の風味を強く感じる味です。噛むと、しっかりしたモチモチ感があります。箸で一本取り出し、つまんでみると、少し力を入れないとちぎることができません。噛むとさらに、コシがあることを感じられ、水加減が絶妙なそばであることがよくわかります。つなぎが入っていないとは思えないくらい、しっかりと繋がった蕎麦です。

つけ汁は、白い器に入っています。器と同じ色の白い薬味皿には長ネギとわさびがあります。かえしの辛味の中に出汁の甘みがあり、そば粉の風味を引き出してくれます。汁の味は控えめな甘辛さで、汁だけで飲んでも塩辛さを感じることがなく、そばにたっぷりつけても蕎麦の香りを消しません。


かしわそばは、白い丼に入っており、レンゲもレンゲ皿も白で揃えられています。濃い色の汁にそばが入っており、一口大の鶏肉の上に長ネギが添えられています。一見すると塩辛そうな汁ですが、飲んでみると甘みがあり、あっさりしています。ゆっくり時間をかけても、そばがちぎれることなく食べられました。それだけしっかり練り上げられたそばということでしょう。

冷たい蕎麦も温かい蕎麦も、汁の味は控えめですが、物足りなさがありません。甘み、塩辛さ、出汁のバランスがそばに合っています。味が控えめな分、そばの味と香りを十分に感じることができます。

セットで注文した炊き込みご飯も、濃い茶色ですが味がちょうど良い甘さです。蕎麦に合わせて作っていると思いますが、汁もごはんもとてもバランスの良い味で蕎麦を引き立てています。

そばの産地だけあり、その名に恥じない、むしろこれが新得の蕎麦という蕎麦を食べられるお店です。おすすめしたい反面、あまり有名になってほしくないなぁとも思ってしまう、そんなお店です。

(レポート提出/ゑみう

【 店 名 】蕎麦 十箱

【 読 み 】そば とばこ

【 電話番号 】0156-67-7025

【 住 所 】北海道上川郡新得町元町66-3

【 アクセス 】国道38号線を新得町中心部へ向かい、「十勝漬本舗」近く

【 営業時間 】11:00〜15:00 麺がなくなり次第終了

【 定 休 日 】木曜日

【ひとり分の平均的な予算】昼 800円

【 予 約 】

【クレジットカード】

【 個 室 】なし

【 席 数 】 カウンター 6席 テーブル 4人×2席 4人×2席

【駐 車 場】 あり

【 煙 草 】不可

【アルコール】なし

【店のホームページ】 https://www.facebook.com/sobatobako/

千葉県のおいしいそば屋
泰庵(千葉県千葉市)秋の千葉在来が楽しみな店

千葉市作草部の遊蕎心泰庵は、千葉在来が食べられる数少ないそば店です。 残念ながら29年産の千葉在来は …

滋賀県のおいしいそば屋
多賀そば「石栗庵」(滋賀県多賀町) 「国生みの神と蕎麦切りに思いをよせて」

(店がある環境) 滋賀県多賀町にある、由緒ある多賀大社表参道(通称絵馬通り)にある 多賀そばの店、「 …

茨城県のおいしいそば屋
手打蕎麦 だぼう (茨城県那珂市)  田畑のど真ん中にあるお店

カーナビを使って訪問しましたが、途中本当に店があるのか不安になるほど細い道を入っていったところにある …