手打ちそばさくらの定食屋(北海道札幌市)有名店のDNAを継ぐ個性派蕎麦。

北海道のおいしいそば屋

札幌市豊平区は月寒グリーンドーム跡に出来た複合商業施設「ブランチ札幌月寒店」のテナントとしてオープンした店は札幌市内に複数展開する蕎麦屋「さくら」の新業態であり、定食屋の名のもとに蕎麦と和定食・カレーをメニューとして展開する蕎麦食堂だ。

ちなみにさくらの経営者は、日高門別の超有名蕎麦店「いずみ食堂」経営者の御子息にあたり、この店で提供する蕎麦もかなり似ているのが特徴だ。インターネットでの蕎麦販売にも力をいれており、積極的な販売活動は目をみはるものがある。

今回のオープンにあたり、事前情報ではかなり混雑しているとの事だったが、どうしてもこちらの蕎麦を試してみたくて車を走らせた。平日の訪問だったので、車はスムーズに駐車場に停める事が出来た。そして広いショッピングモールエリアを徒歩で歩くと、スターバックスや人気ラーメン店、パン屋やソフトクリームショップ等、流行の店がズラリと並ぶ中、札幌の人気店「さくら」の蕎麦も並んでいる事が嬉しかった。午前11時半過ぎ、店前には数名の並び客がいた。店前におかれた記入シートに名前を記入して、順番を待った。

広い店内は木を基調としたインテリアで、明るくて開放的、コの字カウンターにテーブル席の座席構成。全てを見通せるオープンキッチンではスタッフがキビキビと動いている。メニュー構成だが、蕎麦は少数精鋭。せいろものの他、冷温各種展開するのだが、やはりオススメは鴨系、とりわけ鴨せいろが一番人気のようで、当日もそのオーダーが目立っていた。

訪問当日は忙しい時間帯で、少しだけ待ち時間があったが、回転もはやいので間もなくして席に案内された。テキパキとシステマチックに動く店員さんは見ていて気持ちが良い。待つこと5分、カウンター越しに蕎麦が提供された。

「鴨せいろ 1,180円」
おそらくは亀節と昆布だろう穏やかな出汁のコク、そしてどこか田舎風情も感じられる優しいかえしのバランスは良好で、ゴボウの甘さも加わったベースに鴨肉の脂感が深みと縁取りを加える。これまで体験してきた同チェーンの汁の中で最も優しい塩梅で、そのまま飲んでも違和感は無いような味わだ。基本的には美味い汁だが、価格の割には鴨肉の分量は少なく、肉の部位的には薄切りにするとどうしてもバサッと食感が目立ってしまうし、私としてはセイロ物ならば、もう少しメリハリのある塩分と鴨脂のコク、そしてその甘さがバランス良く効いているほうが好みだ。


蕎麦はお馴染み、奈川在来種を使用した黒々しくて縮れた手打ち蕎麦。力強いコシでその存在感を主張する。風味というよりは噛みしめて甘味を楽しむタイプで、熱い種物にも負けない力強さを持つが、切れやすいという難点もありそうだ。実際今回の蕎麦は切れている部分が多めだった。これは打ち方や釜前さんの技量も大いに試されそうだ。そして蕎麦湯は透明の釜湯だった。結論を言えば、鴨せいろは食べて決して損は無い美味しいメニューなのだが、蕎麦の繋がりは要改善だ。お客はシビアに見るだろう。但し、札幌に開業して10年以上、培ってきたノウハウはあるだろうから、きっとそのあたりはキッチリと修正して、素晴らしい蕎麦を提供してくれるに違いない。

さて、この店はやはり「いずみ食堂」に似ている点もある。それはオープンキッチンの中の劇場。フロントマン的な店長さんの愛想の良さと手際の良さ、タッパーから取り出す鴨肉、片手鍋で汁を仕上げるスタイル、慌ただしくもテンポ良くシステマチックに動くスタッフ達・・・そこには私が愛するあの店の面影を見たような気がした。意識してそうしたか?それとも似ているが基本的には別人格の親子のように、歳と共にクセや仕草がにてくるようなものだろうか。

店の雰囲気は味わいに直結してくるほどの大事な要素なので、基本的には蕎麦屋であるが冠は「定食屋」。ご飯味噌汁がおかわり自由でそこそこリーズナブル、そしてドリンクバーの設定もあり。オープン間もない今は、やはり蕎麦のオーダーが圧倒的に多いが、次々にオープンするエリア内の店への見物客が落ち着いた頃、日常利用を意識しているであろう定食メニューがどう存在を誇示していくかは要注目であり、本格蕎麦食堂としてどのような客層を担っていくのかも気になる店である。

座席での会計は混雑店としてはどうだろうか。注目の要素も多い。但し総合的にはしっかりと満足する事の出来る個性派蕎麦で、似て異なるものではあるが、日高門別のいずみ食堂ファンも是非行ってみて欲しい蕎麦屋さんだ。

(レポート提出/☆流れ星)

【 店 名 】手打ちそばさくらの定食屋

【 読 み 】てうちそばさくらのていしょくや

【 店の電話番号 】050-5597-4843

【 住 所 】北海道札幌市豊平区月寒東3条11

【 アクセス 】車がおすすめ

【 営業時間 】11:00~20:30

【 定 休 日 】水曜日

【ひとり分の平均的な予算】昼 1200円  夜1200円

【 予 約 】不可

【クレジットカード】不可

【 個 室 】無

【 席 数 】 35席

【駐 車 場】 有

【 煙 草 】禁煙

【アルコール】無

【店のホームページ】無

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/t5P5S8TbYRstyj2o8

北海道のおいしいそば屋
志の家 (北海道札幌市) 美しい白糸のような更科蕎麦。

「志の家」は言わずと知れた札幌市中央区の名店である。創業者の故・新納忠氏は、歴史的老舗「一茶庵」での …

北海道のおいしいそば屋
そば哲(北海道安平町)自家栽培で打つ本格手打ち蕎麦

北海道は勇払郡安平町にある本格派蕎麦屋である。元々はドライブインだったが、時代を見据え、約30年前に …

北海道のおいしいそば屋
空のかおり(北海道札幌市)一軒家改装系の本格蕎麦屋。蕎麦前利用もOK!

今は便利な時代。SNSで新店オープンの情報を得て、お昼に向かってみることに。ここは厚別区の住宅街に新 …