神奈川県のおいしいそば屋

この蕎麦屋さんは、JR東海道線・横須賀線「大船駅」笠間口を出ると、駅舎から道路沿いに数10mのところにあります。玄関の軒先に目を向けると「くげ庵」の看板と、焼き物を焼く匂いが道路にまで広がっています。このお蕎麦屋さんは、日本酒と肴を楽しんで、締めとして「へぎそば」を出す蕎麦屋さんです。

お店の周辺は、飲食店が連なり、いろんなお客様で活気があります。住所は鎌倉市ですが、横浜市栄区との境界線になりますので、お店の周辺に鎌倉のイメージはありません。


駐車場はありませんが、近くには有料駐車場があります。ただ、JRの駅に近く、日本酒を豊富に取りそろえた蕎麦屋さんなので、運転して帰る人はいないそうで、駐車場が無くてもお客様から苦情が出たことはないとのことでした。

お店は二階建てで、47席あります。1階と2階にキッチンを備えており、1階にはテーブル席20席とカウンター席3席、2階には24席あります。

お店に入ると、所狭しと、日本酒の銘柄を書いた張り紙や、酒の肴のメニューが貼りだされています。お店の中は、常にお客様で席が一杯で、主に日本酒と肴を楽しみながら、締めにお蕎麦を楽しんでいる方々ばかりでした。お客様はお酒の最後にお蕎麦をオーダーされています。お店の自慢は「へぎそば」なので、ほとんどの方が「へぎそば」をオーダーされていますが、温かい蕎麦として「鴨なんばんそば」もあります。また、メニューには載っていませんが、「かけそば」もオーダーすれば「へぎそば」一人前の料金で提供していただけます。

お客様は、4人までのグループ客だけではなく、一人で入って日本酒と肴、さらにお蕎麦を楽しんでいかれる方も多くいました。

接客は、数人の男性と一人の女性が注文を取り、配膳していました。

メニューには、「冷たいそば」には「自慢の」という修飾語が付けてあります。「へぎそば」には天ぷらのついた「天へぎ」と温かい「鴨なんばんそば」、「天ぷらそば」があります。私としては「へぎそば」が何か、おぼろげな知識なりに知っているつもりでしたが、蕎麦鑑定士の勉強中であることから食する前にインターネットで「へぎそば」とは何かを調べることにしました。

「へぎそば」は、新潟県ゆかりの蕎麦で、つなぎに布海苔(ふのり)という海藻を使い、蕎麦の盛り付けに「ヘギ」という四角形の器を使う蕎麦と理解したうえで、布海苔をどの段階でどのぐらいの量を混ぜるのかとか、蕎麦を打つ時の手の感触は10割蕎麦や二八蕎麦とどのように異なるのかなどなど調べてみても記述はみつかりません。

「へぎそば」に関する疑問点が晴れないまま、日本酒と肴を楽しんだ後、「へぎそば」をオーダーしました。「自慢の」という修飾語が付いているので、迷わず、お店の看板であるお蕎麦をオーダーしました。

四角の器である「へぎ」に乗って、蕎麦が出てきました。

蕎麦は「へぎそば」の特徴である、一箸でつかめる量ごとにまとめられており、「へぎそばを食べるのだな」という実感が湧きます。ただ、蕎麦をよくみると水分が浮いています。水切りが悪いのか、「へぎそば」の特徴なのか悩みながらも食べることにしました。

蕎麦の食感は、ヌルっとした触感がありますが、一方で腰もあって、おいしさを感じます。汁はカツオの香りが立つ濃い味で甘口でした。蕎麦の量は、日本酒と肴を食べた後では、一人前でも多く、複数のグループでシェアをして食すると良い状況でした。もし、お蕎麦だけを目的に入店したのであれば、適量でしょう。


蕎麦を口に含むと、お酒で火照った舌には蕎麦の冷たさの舌触り良く、ヌルっとした感触と腰のある感触がお腹を満たしてくれます。汁の濃さは、お酒の後に蕎麦を食すため、お酒で鈍感になった舌の味覚を意識してのことでしょう。

このお蕎麦屋さん「くげ庵」は、もともとJR藤沢駅・小田急線藤沢駅から徒歩10分ほどの距離にある「鵠庵」店の2号店としてオープンしたとのことです。お店の名前は1号店が「鵠庵」、2号店が「くげ庵」というように2号店の名前をひらがなにした理由は、1号店の立地する藤沢市には鵠沼という地名があるためお客様は「鵠庵」をストレートに「くげあん」と読んでいただけるそうですが、2号店の立地する鎌倉市では「鵠」の漢字を読めるお客様が少ないということとか。1号店の「鵠庵」と2号店の「くげ庵」を比べると、1号店の「鵠庵」は落ち着いて静かなお店で、じっくりとお酒とお蕎麦を楽しめるお店ですが、一方、2号店の「くげ庵」は店員の「いらっしゃいませ~」、「オーダーをいただきました~」という掛け声が店内で気持ちよく響き活気があるお店で、ワイワイとお酒とお蕎麦を楽しめるお店です。お店の雰囲気の違いを楽しむのも、よいかもしれません。

このお蕎麦屋さんには、お酒を飲む方に、豊富な日本酒、焼酎などが置いてあります。日本酒の銘柄は、その時々で変わるそうです。予算は、お蕎麦だけであれば1,000円~1,500円ですが、お酒を飲むと、飲んだ分だけ高くなります。ちょい飲みで3,000円、大いに楽しんでお酒を飲み、肴を食べると、5,000円を超えることになりそうです。

このお店の良さは、なんといっても、おいしい日本酒を飲んで、締めにお蕎麦を楽しめることです。

次回、「へぎそば」を食べるときは、「へぎそば」について勉強してからお蕎麦屋さんに向かうことにします。

(レポート提出/Lysine)

【店名】くげ庵

【読み(ひらがな)】くげあん

【 店の電話番号 】050-5594-4489

【 住 所 】神奈川県鎌倉市大船1-5-5

【 アクセス 】JR東海道線「大船駅」笠間口から徒歩1分

【 営業時間 】18:00~24:00(L.O.23:00)

金土祝前日:17:00〜24:00(L.O.23:00)

【 定 休 日 】無

【ひとり分の平均的な予算】 夜3,000円

【 予 約 】可

【クレジットカード】可

【 個 室 】無

【 席 数 】47席(1階23 席、2階24席)

【駐 車 場】無

【 煙 草 】禁煙

【アルコール】有

【店のホームページ】無

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/CrRvAPCpqw52

 

東京都のおいしいそば屋、江戸そば
大阪屋砂場本店(東京都港区)大都会、ビルの谷間で堂々と営業

 昔懐かし、子供の頃に見た和風な建物。都会の真ん中で堂々と存在感を見せている。元祖日本蕎麦ここにあり …

北海道のおいしいそば屋
そば処 ほん多屋 (北海道佐呂間町) 北海道産の十割手打ちそば

 北海道の道東、サロマ湖の南側の佐呂間町中心部にこのお店はあります。1988年からということですから …

北海道のおいしいそば屋
蕎麦処 そば扇 (北海道旭川市) 老舗旅館に併設する、風情ある蕎麦屋

 北海道旭川市にある、「和風旅館 扇松園」に併設するお蕎麦屋さんです。この扇松園は、創業80年以上と …