東京都のおいしいそば屋

江戸ソバリエ認定店ということで、行きたい店だったが、昼のみ営業なので、中々来れずにいました。

下町の住宅街の中にあり、うっかりすると通り過ぎるところで、間口は狭いが、感じの良い外観で、遠慮気味に看板が出ていました。

店に入ると、明るい店内に大きな木鉢とソバリエ認定店の盾が置いてあり、上品そうな花番さん(店主)が落ち着いた口調で応対に出てきました。

ここは、女性店主が蕎麦を打つという。

蕎麦打ちが好きで、浅草の「喬上人」のそば教室に通い、開店して1年目とのこと。

開店に際しては一年半ほど「上野藪」に入店して、研鑽を重ねたそうだ。

メニューを見ると、一通り味わえる膳があり、注文。

Jpeg

蕎麦の膳「あずま」 小箱の膳+せいろ蕎麦
蕎麦の膳「せんじゅ」小箱の膳+天ぷら盛合せ+せいろ蕎麦

小箱の膳は、蕎麦粉入り出汁巻き玉子焼き、蕎麦味噌焼き、蕎麦豆腐(そば米入り)、ヒスイあんかけ(そば米入り)が盛り付けられている。

天ぷら盛合せは、海老、かぼちゃ、舞茸、なす、オクラ。

玉子焼きは、汁たっぷりの出汁巻きで、ほのかな甘さがあり、色は淡い。

蕎麦味噌焼きは、小さな小皿に盛られた蕎麦味噌を焼いたもの、炒った蕎麦の実の歯応えと、葱の風味が香ばしい。

蕎麦豆腐は、そば米入りで、わさびに合い美味しい。ヒスイあんかけは、とうがんに海老、そば米入りのあんかけ、暑い夏に合う。

Jpeg

「せんじゅ」の天ぷら盛り合わせは、店主自ら、揚げたてを2回に分けて運ばれ、アツアツの状態で食べられる。

最初に野菜3品(舞茸・蓮根・南瓜)、次いで海老一尾とおくらの計5品。海老は大きめで、ピンクの岩塩と、しっかりとした味わいの天つゆの両方が付く。

蕎麦は、福井産キタワセ、夏蕎麦の新蕎麦です。キワタセの新蕎麦のほのかな香りと歯ごたえ良し。いかにも女性らしく丁寧に打たれている。

非常におだやで、気づかいをする店主です。雰囲気よく、気持ちよく料理を美味しく味わえる店でした。因みに、「あららぎ」は、イチイの木の別名で、延し棒や駒板に使われるものです。

(レポート提出/スターボード

【 店 名 】蕎麦あららぎ
【 読 み 】そばあららぎ
【 電話番号 】03-4296-9458
【 住 所 】足立区千住東2-19-16
【 アクセス 】北千住駅より徒歩8分、牛田駅徒歩3分
【 営業時間 】11:00~16:00
【 定 休 日 】水曜日、木曜日
【ひとり分の平均的な予算】昼        夜
【 予 約 】
【クレジットカード】
【 個 室 】なし
【 席 数 】12席
【駐 車 場】 なし
【 煙 草 】 全席禁煙
【アルコール】 あり
【店のホームページ】なし

東京都のおいしいそば屋
瀧乃屋 (東京都墨田区) あなどれない味とコストパフォーマンス

両国駅から歩くこと10分弱、清澄通り沿い、横網町公園の少し先に瀧乃屋はあります。客対応の女性と調理場 …

東京都のおいしいそば屋
木香 (東京都江戸川区) 蕎麦の味を追求する店主

船堀に住む知人から近くに美味しいそば屋があると聞いていたのを思い出し、葛西の我が家から歩いて訪ねまし …

東京都のおいしいそば屋
双庵 (東京都中央区)  “蕎麦が旨い”が一番という重要性

人形町通りから道を折れてすぐのところ、以前はピザ屋さんがあったところはいつの間にか蕎麦屋さんになって …