風の森(東京都町田市)蕎麦打ち教室の講師が在来種で打つお蕎麦屋さん

東京都のおいしいそば屋、江戸そば

この蕎麦屋さんは、小田急電鉄小田原線「玉川学園前駅」北口を出て、駅舎から道路沿いに200m~300m離れたところにあります。お店が近づくと、建物には大きく「手打ち蕎麦・DINING」と染め抜かれた幟と、「風の森」とかたどったオブジェが視界に入ります。


駐車場はありませんが、隣接して有料駐車場があります。

お店の表にはメニューが置いてあります。メニューには、「蕎麦料理(蕎麦は全て国内産粗挽粉です)」と注釈が入っており、「せいろ蕎麦(外一)」、「鬼おろし梅蕎麦」などなどと書かれており、今日の蕎麦粉は何だろうという、お蕎麦への期待感が高まります。

このお蕎麦屋さんの営業の特徴は、平日は夜のみの営業で、土日はお昼と夜の営業になることです。夜にお店に伺うと、ライトアップされた外観が都会的でとてもおしゃれで素敵な雰囲気を醸し出しています。このような都会的な雰囲気の演出によって、来店者はお蕎麦を食べるワクワク感を覚えるでしょう。

お店に入ると、大きなテーブルが目に飛び込んできます。この大きなテーブルを囲むように椅子が10脚置いてあります。奥にカウンター席が3席ありますが、席は全部で13席というこぢんまりとしたお店です。席の仕切りなどはありません。

店内は白を基調にした内装が施され、ダウンライトで席を照らし出す都会的な演出がなされています。お店の隅には、蕎麦挽き機が置いてあります。蕎麦挽き機の上には、「本日の蕎麦実 奈川在来種」と明記した案内が置かれ、案内には生産者の実名が紹介されています。また、日本酒や焼酎の瓶が置かれており、お酒と肴と蕎麦を楽しませてくれる雰囲気が伝わってきます。

お蕎麦屋さんというと、合掌造りに囲炉裏という田舎の雰囲気を再現しているお店に出会うことがありますが、このお蕎麦屋さんの雰囲気は真逆で都会的な演出がなされています。店内は、BGMもなく、とても静かな環境です。


私がお店に入ったときは、若い女性が一人で食事を楽しんだあと、文庫本を読んでいました。このお蕎麦屋さんでは、食後に読書をしていても、不思議と雰囲気に溶け込んでしまい違和感がありません。

お店は、一人の女性が接客を、奥でお酒の肴と蕎麦を調理する男性の二人で切り盛りされています。お店のオーナーは、平日の13時30分から16時まで、予約制で蕎麦打ち教室を開催されています。「そば打ち教室 1人3,500円。5人前の蕎麦の持ち帰り」と明記した案内が店内に張り出してあります。

メニューをみると、特徴があります。天ぷらがありません。お店のオーナーはお蕎麦とお酒と肴に力を入れていて、数種類の日本酒と焼酎が取り揃えられています。お酒の肴は、「のどぐろ丸干し」や「合鴨スモーク」など種々ありますが、天ぷら類のメニューはありません。

この日は、「そばがき」780円、「せいろ蕎麦」780円2枚をオーダーしました。お蕎麦は、奈川在来種を自家製粉機で粗挽きし、外一で打っているとのこと。しばらく待つと「そばがき」が運ばれてきました。「そばがき」は、トッピングに蕎麦の実を上からまぶしてあり、「そばがき」の柔らかい食感と蕎麦の実のカリッとした食感が口の中で融合して、とても美味しい。

今回はオーダーしていませんが、このお蕎麦屋さんでは、蕎麦前の人気の品として人気No.1が「鳥つくねの塩焼き」、人気No.2が「焼き味噌」だとか。お酒にもあいそうです。

「そばがき」を食べ終えたころに、「せいろ蕎麦」の辛汁が運ばれてきました。辛汁が不足した場合のために追加分も同時に運ばれています。辛汁が不足して辛汁を追加オーダーしなければならない状況を回避させる、オーナーの蕎麦に対する気配りが伝わってきます。

「せいろ蕎麦」1枚目が運ばれてきました。蕎麦をそのまま食すと、蕎麦のとても良い香りが鼻に抜けます。奈川在来種だからでしょうか、とても良い香りがします。お蕎麦の水分もちょうどよく、細麺で、噛んだ時に歯の間で沈みながら切れていく感触が味わえます。のど越しも良好です。

辛汁は鰹の風味が効いた、辛くも甘くもなく、ちょうどよいバランスを保っており、冷たいお蕎麦によく合います。

「せいろ蕎麦」1枚目を半分ほど食べたところで2枚目が運ばれてきました。食べ終わることには蕎麦湯が運ばれてきました。蕎麦湯は濃い味があり、辛汁に蕎麦湯を入れて飲むと、温かい蕎麦湯が口中に広がり、ほっこりとした気分になります。

このお蕎麦屋さんは、以前は分煙でした。ただ、13席の小さなお蕎麦屋さんなので誰かが煙草を吸うと一気に空気が悪くなり、私にとってはせっかくの香りの高いお蕎麦が台無しになってしまいました。今は、完全禁煙なので、きれいな空気の中で、お蕎麦の良い香りを楽しむことができます。

ひとつ残念なのは、お店のHPとメニューの内容が異なっています。大きな違いは、HPで「十割そば」を愉しめるお店となっていますが、メニューではすべてのお蕎麦が「外一」になっています。提供されるお蕎麦も「外一」です。「十割そば」ではありません。また、品書きと値段が微妙に異なっています。お店のHPの更新を期待します。

いずれにしても、このお蕎麦屋さんは、一人でも、または少人数でも、静かにお酒とお蕎麦を愉しめる都会的な雰囲気の憩いの場であることに間違いはありません。

(レポート提出/Lysine)

【店名】手打ち蕎麦・ダイニング 風の森

【読み(ひらがな)】てうちそば・ダイニング かぜのもり

【 店の電話番号 】042-721-6133

【 住 所 】東京都町田市玉川学園2-8-21

【 アクセス 】小田急電鉄小田原線「玉川学園前駅」北口から徒歩5分

【 営業時間 】夜:17:00~22:30(L.O.22:00)

昼:土日12:00〜14:00

【 定 休 日 】火曜、水曜

【ひとり分の平均的な予算】 昼 1,500円 夜3,000円

【 予 約 】可

【クレジットカード】不可

【 個 室 】無

【 席 数 】13席(テーブル席10 席、カウンター3席)

【駐 車 場】無

【 煙 草 】禁煙

【アルコール】有

【店のホームページ】http://soba-kazenomori.com/

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/sR8m8CL5cPC2

長野県のおいしいそば屋、信州そば
蕎麦切茶房 戸隠日和 (長野県戸隠) 香りの十割を極上のそば名産地で/日本蕎麦保存会

《全国 おいしい蕎麦屋ランキング》 写真と文=片山虎之介   戸隠そば、新しい時代の旗手と …

長野県のおいしいそば屋、信州そば
戸隠そば 山口屋 (長野県戸隠) 二八そばの最高峰が味わえる戸隠の名店/日本蕎麦保存会

《全国 おいしい蕎麦屋ランキング》 写真と文=片山虎之介   日本そば最大のミステリーが戸 …

青森県のおいしいそば屋
野の庵 (青森県弘前市) 津軽そばの名店が本気になった。在来種の津軽そばに感動 / 日本蕎麦保存会jp

《全国 おいしい蕎麦屋ランキング》 写真と文=片山虎之介   津軽そば処 野の庵 &nbs …