寺方蕎麦 長浦 (東京都台東区) サンバカーニバルと妙興寺そば

東京都のおいしいそば屋、江戸そば

ここしばらく雨模様だった東京ですが、本日はまた天候も回復し蒸し暑い夏に逆戻りです。久しぶりに訪れた浅草は、サンバカーニバルの真っ只中で、街中がサンバ音楽に覆われていました。

お目当ての店「長浦」は、浅草の雷門から程近い食通街通りにあります。混む時間帯を避けて行ったつもりでしたが、サンバカーニバルの日だったとは予想外。馴染客らしい年配のご夫妻の話に聞き耳を立てると「この時間でこんなに待たされるのは初めて」とのこと。13時半に着いたとき、店内に2組、店外に1人が待っている状態でした。気づくと、私の後ろに6人が並んでいました。馴染客も多い様子で、お店の方が時折確認に外に出てきては気さくに声をかけています。

すぐに入れると思っていたのですが、外で30分待たされ、ようやく店内へ。中に入ると、目の前に蕎麦屋らしい渋い空間が広がります。さほど広くない店内に5卓22席。2階にも席がありそうです(トイレを聞くお客さんに2階だと案内していました)。店内でまた15分待たされました。あらかじめ注文を聞かれたので、迷わず、このお店の名物メニューの一つ「妙興寺そば」を頼みました。

ようやく席に通され着座してみると、なるほど、店内の居心地がすごくいい。花番さんも無理な相席をさせないせいか、ほとんどの人がお酒とツマミを頼んでゆったりとした時間を楽しんでいるのがわかります。
10年位前になるでしょうか、墨田区の東向島で同店名のお店に入ったことがあります(移転したのか、同系列の別店舗なのか)。あの時もこのメニューを頼みました。

着席してから数分、まずつゆと薬味(大根おろし、生姜、ネギ)が運ばれてきます。そばが来る前に、ちょっとつゆをなめてみます。「ん?」なんと味噌の香りがします。そばとそば湯が運ばれてきたので、花番さんにつゆの味のことを訊くと、みその発酵・熟成中に出てくる「みそたまり」を使用して作るのだそうです。なるほど、つゆの味と香りに納得です。

盛られたそばの上には摺りゴマ(黒ゴマ)と大量の刻み海苔が乗っています。そして二八そばの中に白髪大根が入っています。いわゆる変わりそばです。こんなに様々な素材に囲まれたそばなので、いわゆるそば自体の“味と香り”が楽しめるのかが不安になりました。

数本の麺を手繰って香りを確かめます。黒ゴマの香りです。そのまま口に入れて味を確認。そばの風味は海苔とゴマの強い香りに消されてしまいますが、細麺にもかかわらずコシはしっかりしていて、のど越しも上々です。水の切れはしっかりしていますが、麺同士がくっつくストレスは感じません。おそらく細く切られたシャキシャキ白髪大根には、薬味としての役割の他に麺同士がくっつかない効果があると思われます。

つゆは正にしょうゆと味噌の中間のような味わい。見た目は濃厚そうですが、うま味とコクが感じられ、予想以上にさっぱりしていて美味しいです。

そば湯は白濁するもさらりとしています。そば猪口に少し残ったつゆに注いでいただくと、そばの香りほのかに立つものの、みそたまりの香りと酸味がそれを覆って複雑な味が楽しめます。

そばの味や香りは判断できませんでしたが、そば自体が美味しいからこその「変わりそば」とも言えましょう。次回は「長鳥山そば 雲水」というのを楽しんでみたいと思います。

今回の「妙興寺そば」、テーブルに置かれたお会計表通りに1400円をお支払いしましたが、後で調べてみると1200円(大盛りにすれば+200円ですが)でした。おそらくお店の人が間違えたみたいです。ま、これも授業料として納得しようと思います。お店を出ると、しばし忘れていたサンバ音楽のリズムに、また全身が包まれていきました。

ごちそうさまでした。

(レポート提出/木曽馬ジョージ)

【店名】寺方蕎麦 長浦 浅草店

【読み】てらかたそば ながうら あさくさてん

【 店の電話番号 】03-3844-1922

【 住 所 】東京都台東区浅草1-13-1

【 アクセス 】浅草駅、田原町駅から徒歩5~6分

【 営業時間 】12:00~17:30(LO 17:00)

【 定 休 日 】不定休

【ひとり分の平均的な予算】昼   夜

【 予 約 】

【クレジットカード】

【 個 室 】

【 席 数 】22席(1F、2Fは不明)

【駐 車 場】なし

【 煙 草 】

【アルコール】日本酒、ビール。焼酎など

【店のホームページ】

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/Te9eq1BVEm932hub9

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【写真の説明】
01.妙興寺そば
02.そばアップ
03.店舗外観

東京都のおいしいそば屋、江戸そば
林の中のそば屋 玉乃屋(東京都調布市)だるま市で必ず寄るそば屋

このそば屋には、毎年深大寺のだるま市の時に必ず寄っている。毎年3月3日、4日にだるま市が行われ、たく …

京都府のおいしいそば屋
香吟(京都府木津川市)静かな住宅街の人気のお蕎麦 

新興住宅街に以前より佇むお蕎麦屋さん。とにかく交通の便が悪くなかなか伺うことの出来ないお店でしたが、 …

岐阜県のおいしいそば屋
手打ちそば処 淡淡(岐阜県岐阜市)住宅街にひっそり隠れ家の十割蕎麦

こちらのお店は名鉄竹鼻線柳津駅から徒歩で15分くらいですかね。私は自宅から自転車で行ったので30分く …