関東地方のおいしいそば屋

江戸蕎麦ほそ川 (東京・墨田区)

 

そばは全て、風味豊かな生粉打ち(十割そば)。

牡蠣や穴子などは、店主が産地まで出向き、吟味して仕入れたトップレベルの食材です。

ミシュランの星を9年連続で獲得した、江戸そば屈指の名店。

東京・両国の『江戸蕎麦 ほそ川』を紹介します。

この店も、日本蕎麦保存会会員の蕎麦店です。

 

 

江戸時代、そばの最高峰は生粉打ち、いわゆる十割そばでした。

江戸そばの隆盛期、小麦粉をつなぎに使うことが大流行し、江戸には生粉打ちのできないそば職人が、大勢、出現しました。

そうした風潮に対して、自らが打つそばに誇りを持っているそば職人は、「手打ち」という看板を掲げ、「私の打つそばは、手打ちの生粉打ちです」と、そばの品格と、味の良さをアピールしました。これが「手打ちそば」という名前の起こりです。

「機械打ち」がない江戸時代に、なぜ「手打ち」の名前が生まれたのか、裏には、このような事情があったのです。

 

『江戸蕎麦 ほそ川』は、手打ちの生粉打ち。現在の東京で、江戸そばの看板を掲げながら、「手打ちの生粉打ち」でそばを供している店は、極めて少数。数軒しかありません。

江戸時代の腕の良いそば職人が、誇りをかけて打ったそばは、『江戸蕎麦 ほそ川』のそばのような味だったのかも知れません。

 

同店で使うそばの材料は、日本全国の産地から厳選した玄そば(殻に包まれた状態のソバの実)です。

それを店主の細川貴志(ほそかわ・たかし)さんが、店内の作業場で製粉して、納得のいくそば粉に仕上げ、自ら手打ちします。

「そばは、そば粉で決まるから、製粉は自分でしたいのです」と、細川さんは言います。

 

細切り、生粉打ちの「せいろ」。遠い昔の、江戸そばの味を偲ばせる、極上の一枚。

 

自信の「せいろ」を味わってみました。

玄そばは、四国の名産地、祖谷(いや)の在来種。

これは極めて貴重なそばです。

そば切り(そばの麺)は、細切りで、比較的、目の詰まったそば。そのためしっかりしたコシと、強い風味を備えたそばに仕上がっています。

張りのある、エッジの立ったそばが、舌に絡みつくように、踊りながら口中を通り過ぎていきます。まさに、そばならではの食感の楽しみ。なかなか、こういうレベルのそばには、出会えません。

材料を吟味する眼力がなくては、ここまでの製粉、そば打ちはできないでしょう。

製粉30年の経験と、食味に対する執念ともいえる追求心の結晶が、この一枚の「せいろ」なのです。

作業場には最新の機械が揃えられている。殻を剥いたソバの実の色をセンサーで見分ける色彩選別機を通した丸抜きは、きれいに色が揃っている。

 

『江戸蕎麦ほそ川』の冬の名物「かきそば」。クリーミーな牡蠣の身肉が口中に溢れる、人気メニュー。

 

『江戸蕎麦 ほそ川』が素晴らしいという、もう一つの理由は、温かいそばも、生粉打ちで供するところにあります。

温かいそばの熱い甘汁に入れても、しっかりしとしたコシを維持する生粉打ちのそばは、本来の甘汁の江戸そばの食味を教えてくれます。

冬の温かいそばの代表、「かきそば」は、忘れずに味わってください。

吉野葛をまぶし、酒でボイルして、絶妙の加熱をした牡蠣には微塵も臭みがなく、クリームのような牡蠣の身肉の食感と味は、一度食べたら、生涯、記憶に残ることでしょう。

この店の冬の名物の一つだという理由が、よくわかります。

 

「穴子天せいろ」の天ぶら。穴子を一匹、丸ごと使っている。

 

キリッとした冷たいそば切りと、天ぷらの組み合わせを楽しみたいという方へのおすすめは、「穴子天せいろ」。

穴子を丸ごと一匹使った穴子天ぷらは、食べ応えも十分。箸で天ぷらを割ると、ほくほくとして瑞々しい穴子の白い身肉が顔を出します。

見ただけで喉が鳴る、そばと天ぷら。

これぞ江戸そばの真骨頂です。

日本酒と一緒に味わいたい「牡蠣のオイル漬け」。酒の旨さを、さらに引き立てる。

 

※『江戸蕎麦ほそ川』では、只今、従業員を募集しています。

江戸そばの真髄を味わえる店で働きたいという方は、店に電話してご相談ください。

電話番号  03-3625-1125

 

 

店名 江戸蕎麦ほそ川

 

電話番号  03-3625-1125

 

住所 東京都墨田区亀沢1-6-5

 

アクセス 都営地下鉄大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩約1分

JR総武線「両国駅」東口より徒歩約6分

 

営業時間

昼 11:45~14:30 (LO 14:00) 

夜 17:30~20:00 (LO 19:30)

※そばがなくなり次第、閉店。

定休日 月曜日、第一、三火曜日

平均的な予算(昼) 1,500円

平均的な予算(夜) 3,000円

予約 夜の予約のみ可能

クレジットカード 不可

個室 あり(8名)

席数 30席

駐車場 なし(近くにコインパーキングあり)

禁煙 禁煙

アルコール あり

注意 小学生以下のお子さんは、ご遠慮ください

ホームページ https://www.edosoba-hosokawa.jp/index.html

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/G9rvdPmhbioM2erk9

 

原っぱ
しんとみの郷(宮崎県新富町)地元のそばの実を自家製粉で

店の入り口にその日の蕎麦を打った人の名前が掲示してある珍しい蕎麦屋さんです。蕎麦打ち教室も開いていて …

原っぱ
鵜戸の里(宮崎県宮崎市)和風民芸調の空間での新蕎麦

宮崎空港から市街地へ向かって10分足らずのところに築120年の西米良村の民家を改築した料理屋さんがあ …

原っぱ
そば処まる (宮崎県綾町)土地柄・店舗・旨さの三拍子

宮崎市西部に位置し、ユネスコパークに指定された綾町にあって、父親が福井県から運んだ前田藩の旧家を利用 …