関東地方のおいしいそば屋

『浅草じゅうろく』には、二種類のそばがあります。

芽吹いたばかりの森の色を思わせる、淡い緑のそばと、精悍な若武者の気配を漂わせる、黒いそば。

もともとは同じ材料を使っているのに、仕上がりは対照的な個性を持ったこの双極のそばを、できれば二つとも味わっていただきたいもの。

一緒に味わうのが無理だったら、日を変えてでも。

そうすれば、女将の伊勢谷 留衣さんが立っているそばの世界の広がりを、漠然とではあっても展望することができるでしょう。

『浅草じゅうろく』で使っているそば粉は、福井の在来種。今、日本で一番おいしい産地のそば粉です。

極粗挽きに製粉した粉をふるいに通し、風味豊かな粉に仕上げます。

それを女将が、福井のそば粉の美味しさを引き出すための特別の打ち方をして、『浅草じゅうろく』ならではの個性をまとったそば切りに仕上げるのです。

口に運べば、粗挽きそばの粗い粒子が、舌を撫で、喉をくすぐりながら滑り落ちて行きます。

福井在来ならではの強い香りが口腔を満たし、穀物の深い味わいがそこに重なります。

そばが、食べる者に、どんな喜びを与えてくれる食べ物であるかが、女将・伊勢谷 留衣さんの打つそばを食べると、よくわかります。

 

美味しさ日本一を誇る福井在来のそば畑。『浅草じゅうろく』では、福井在来のそばを使っています。

 

 

『浅草じゅうろく』の、もう一つの楽しみは、そばと共に供される料理の数々。

天然のスッポンや極上の天然鮎などを手配し、そば屋とは思えないほど多彩な料理が並びます。

握り寿司も、そば屋の片手間ではなく、正統の江戸前握り鮨。コースも予算に応じて選べます。

訪れるたびに、その季節の、輝くばかりのおいしさを楽しめる、おすすめのそば屋です。

創業から5年目の『浅草じゅうろく』は、脂が乗って、勢いに乗って、今が旬。「もっとおいしいそばを」「さらにおいしい料理を」と、日々、工夫を重ねるそばと料理は、進化が止まりません。

『浅草じゅうろく』も、日本蕎麦保存会会員の店です。

 

店名 浅草じゅうろく

電話番号  03-6240-6328

 

住所 東京都台東区浅草4-37-8 小田井ビル 1F

アクセス つくばエクスプレス浅草駅、東京地下鉄浅草駅より、徒歩約9分

営業時間 夜 18:00~23:00 (LO 22:30)

※そばがなくなり次第、閉店。

定休日 月曜日 (祝日の場合は営業し、その翌日に休みになります)

平均的な予算(夜) 10,000円

予約 夜の予約のみ可能

クレジットカード 可

個室 あり(5人までの部屋が2室。つなげることも可能)

席数

カウンター:8席

テーブル :10席

駐車場 なし (近くにコインパーキングあり)

禁煙 禁煙

アルコール あり

ホームページ http://asakusajuroku.main.jp/

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/Q2B42P6VZzHkPEA28

 

原っぱ
しんとみの郷(宮崎県新富町)地元のそばの実を自家製粉で

店の入り口にその日の蕎麦を打った人の名前が掲示してある珍しい蕎麦屋さんです。蕎麦打ち教室も開いていて …

原っぱ
鵜戸の里(宮崎県宮崎市)和風民芸調の空間での新蕎麦

宮崎空港から市街地へ向かって10分足らずのところに築120年の西米良村の民家を改築した料理屋さんがあ …

原っぱ
そば処まる (宮崎県綾町)土地柄・店舗・旨さの三拍子

宮崎市西部に位置し、ユネスコパークに指定された綾町にあって、父親が福井県から運んだ前田藩の旧家を利用 …