創業明治16年 蕎麦處 かふく (宮城県仙台市) 「鶏といわしのつみれ蕎麦」を注文しました。大正解 !

宮城県のおいしいそば屋

蕎麦好きの上司がいて、たまにランチに誘われたことがありました。

この店は、職場から徒歩で行けますが、繁華街とは逆方向で、隠れ家的な場所です。

初めて行った時は、江戸時代にタイムスリップしたような店構えで気に入りました。何せ創業が明治16年という老舗です。

きょうは、新蕎麦の時期なので、久しぶりにお昼にお邪魔しました。

店内はお座敷、テーブル席があり、茶釜から優しい湯気が上り、和やかな雰囲気です。

ここの名物は、蒸籠に盛られた盛り蕎麦なのですが、好きな枚数を注文できるのです。

今回は、「鶏といわしのつみれ蕎麦」を注文しました。どんぶりに入った、温かい蕎麦です。

待つ間、創業年が刻まれた湯呑で、そば茶をいただきました。

お蕎麦が運ばれてきました。

「鶏といわしのつみれ」は、予想外の大きさです。ビックリして「でかい!」と、思わず声を出してしまいました。

まず汁を味見しました。ごくり。少し肌寒い日でしたので、五臓六腑に染み渡ります。 ああ~、何て優しく懐かしい味なのでしょう。

ざるそばを食べる機会が多いので、辛汁に慣れていますが、温かい蕎麦の優しさも、いいものですね。 ザルは男性、温かいかけ蕎麦は女性にむいているのかもしれません。

大きなつみれを箸で口に運びます。まず半分、口に入れました。 鶏の軟骨が入っていて、食感が楽しめます。

いわしの味はしっかりしていて、そのあとで蕎麦を食べても、まだいわしの味が口中に残っているほど。

水菜と大根おろしがトッピングされて、見た目にも、おいしそうです。

七味唐辛子をちょっとかければ、くせになる味わい。

蕎麦は、更科風で、上品な風味。量もたっぷりなので、すっかり満足しました。

ご馳走様でした!

店員さんにお話をうかがいました。 そば粉は秋田産と山形産のブレンド。そば粉とつなぎの割合は、6:4とのことでした。

 

【 店 名 】創業明治16年 蕎麦處 かふく(家福)

【 読 み 】ソウギョウメイジジュウロクネンソバドコロカフク

【 電話番号 】022-222-0565

【 住 所 】宮城県仙台市青葉区本町1-14-16 家福ビル2F

【 アクセス 】地下鉄南北線「勾当台公園駅」公園1出口より徒歩6分

【 営業時間 】11:00~20:00

【 定 休 日 】日曜日  (土・月曜日が祝日の場合は休み)

【ひとり分の平均的な予算】800円~900円

【 予 約 】可

【クレジットカード】情報なし

【 個 室 】個室 室(2名×1室、4名×2室)

【 席 数 】48席

【駐 車 場】2台

【 煙 草 】全面禁煙

【アルコール】有

【店のホームページ】https://www.miyalabo.jp/shop/shop.shtml?s=2998

東京都のおいしいそば屋
砂場(東京都台東区)お肉が多くて得した気分

河童橋で蕎麦打ちの道具を買って、昼飯時浅草通りをぷらぷらと歩いて飯屋を物色していると、何故か蕎麦屋の …

上天せいろ
東京都のおいしいそば屋
きのした(東京都江東区千田) 地元の蕎麦通に大人気、上天せいろがおすすめ!

東京都江東区の四ツ目通りから1本はずれた細い道沿い、ほかに目立つ建物やお店のない通りに「きのした」は …

栃木県のおいしいそば屋
さとや(栃木県栃木市)野性味あふれる蕎麦の味

 最近は寄る年波で蕎麦を沢山食べられなくなりました。 近くの蕎麦屋さんならともかく栃木県となると最低 …