そば処 あいづ(千葉県南房総市) 房総の里山で味わう会津さらしな

関東地方のおいしいそば屋

千葉県の房総半島の南に位置する、平成の大合併により7つの町が合併した南房総市の中の1つ、千倉町の山の中に2011年6月にオープンした蕎麦屋です。

千倉町は国指定重要無形民俗文化財の白間津大祭が4年に1度開催されていて、国内唯一の「料理の神様」「魚の神様」と云われる高家神社がある。地元の道の駅では漁港から直送された海鮮物を販売し、名産物のアワビ、伊勢えび、サザエやクジラのコロッケなどを食べられることが出来、房総ならではの海鮮物を美味しく食べられる。

そんな町の山の中に看板も店のホームページもないのに、グルメサイトや口コミで高い評価を得て来店者があとをたたない蕎麦屋があります。自分も自宅から車で2時間弱かかる場所だが、それでも時間を作ってでも「行きたい!」と思えるようなオススメの店です。南房総市の企業者紹介・房総の観光ホームページに紹介されたりしているので、内容が重複してしまっているところもありますが、どれを見ても店の良さが分かると思います。

お店は本当に山の中にあります。車で行くことをオススメしますが、前にも書いた通り看板が出ていません。カーナビを頼りに走っていても、山の中で田んぼ・民家しかないような場所です。
目印としては『メディカルサロン海』の看板にするとよいと思います。その看板の矢印通り田んぼ道を少し走り、山に向かって斜面を数十メートルだけ走るのですが、初めて行く人は「本当に蕎麦屋があるのか?」不安になってきます。

道に間違いなければ、のぼり旗が見えてきます。夫婦でお店をやっているようですが、駐車場に着くと奥様が出てきて、凄く丁寧に店内まで案内してくれます。女性の連れが居たのですが車のドアの開け閉めまでしてくれて、自分の連れにここまで気を遣ってもらえるだけで凄く嬉しいものです。

店内はこじんまりとしていて、非常にきれいです。店内に入ったところには、房総を紹介するパンフレット何種類か置いてあります。地元で作成しているものなので、旅行誌などに書いてある有名なもの以外にも新しい房総の発見があるかもしれません。

店の壁の空きスペースには絵が、カウンターには花を、店内はお洒落に装飾してあります。客席に小窓があるのですが、少し山を登ったところに店があるので里山の風景を少し視点の高いところから楽しめます。

メニューですが「お品書きの写真撮りは固くお断りします。」とされています。許可をもらえば一部は撮影可能です。なのでどんなメニューがあるかも今回は一応伏せさてもらいます。

今回は天もりそばセットを頼みました。「あいづ」と店名からも分かる通り、そば粉は福島県会津産のものを使用しているそうです。

細打ちで淡い茶色で透明感があり、程よく水切りされて光沢があり、何より全くホシの無い蕎麦を目の前に、味への期待が膨らみます。もちろん会津産のそば粉を使って、会津で修業した店主の手打ちですので、湯ごねをして一本棒・丸延ばしをした手打ちの「会津さらしな」です。食べる前から期待で胸が高鳴ります。

いざ一口。やはり一番粉を使用しているので風味が少ないですが、ほのかに甘みがあり美味しいのです。そして「あれ?十割蕎麦だよな!?」と思うほどに食感が良いです。コシもしっかりある、歯切れも良い、歯ぬかりもしない、「十割蕎麦はボソボソだから苦手」と言う人に是非食べてもらいたいほど、ボソボソ感が全くないです。店主がこだわっていると言うように、のどごしが抜群に良いです。十割ですが細打ちと言うこともあるのか、一口食べてまたすぐ次を食べてもどんどん喉を通っていきます。

つゆは少し辛口目で味の濃い鰹が効いたものになっています。蕎麦をよく噛んで食べていても最後まで風味が残っているほどです。天ぷらなど無しで「蕎麦だけ」でお腹を満たしたくなるほどです。それで十分に満足できてしまうくらい美味しいです。

ですがさらにこのお店の嬉しいところは、全ての商品に小鉢とデザートが付いてきます。その時季などによって内容は変わるようですが、これがまた美味しいです。数回食事しに行きましたが器と盛り付けを見た感じでは、デザートも自家製のような気がします。聞くのを忘れてしまったので確実ではありません。

そして最後に蕎麦湯ですが、真っ白で濃厚でトロトロです。食べるそば粉を使い、蕎麦湯をわざわざ作っているそうです。

最初から最後まで何を食べても美味しい。その中でも蕎麦が抜群に美味しい、是非オススメしたい蕎麦屋のひとつです。

(レポート提出/まぁーと)

【 店 名 】そば処 あいづ

【 読 み 】そばどころ あいづ

【 店の電話番号 】0470-44-1154

【 住 所 】千葉県南房総市千倉町川戸1054-8

【 アクセス 】車が良い。最寄駅より2,2km

【 営業時間 】11:30~15:00(蕎麦が無くなり次第終了)

【 定 休 日 】月曜(祝日の場合は営業) 火曜

【ひとり分の平均的な予算】1300円前後

【 予 約 】不可

【クレジットカード】不可

【 個 室 】無

【 席 数 】 カウンター4席 4人テーブル×5卓

【駐 車 場】 6台程度

【 煙 草 】禁煙

【アルコール】無

【店のホームページ】無

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/ic643aVApCD6Exoo8

 

webふくいそば祭り2020
Web ふくいそば祭り 2020/日本一おいしいそば産地の、そばの祭典 !!

Webふくいそば祭り 2020 【ご好評につき、期間延長します】 「Webふくいそば祭り」たくさんの …

原っぱ
しんとみの郷(宮崎県新富町)地元のそばの実を自家製粉で

店の入り口にその日の蕎麦を打った人の名前が掲示してある珍しい蕎麦屋さんです。蕎麦打ち教室も開いていて …

原っぱ
鵜戸の里(宮崎県宮崎市)和風民芸調の空間での新蕎麦

宮崎空港から市街地へ向かって10分足らずのところに築120年の西米良村の民家を改築した料理屋さんがあ …