蕎麦鑑定士 養成講座、申し込み受け付け中 日本蕎麦保存会

日本蕎麦保存会

「蕎麦鑑定士」は、蕎麦に詳しい人であることの証明ともいえる資格です。日本全国で、たくさんの蕎麦好きの方々が、受講なさっています。

一年に一度、東京会場で行われる「蕎麦鑑定士」認定試験を、2021年1月31日と、2月2日に、南青山の「ふくい南青山291」で実施します。

この日は、お集まりいただいた受講生の皆さんに、12種類の蕎麦を味見していただきます。

蕎麦の内容は、日本蕎麦保存会が厳しく管理した、最高レベルの日本蕎麦です。

この蕎麦を味わっていただき、ほんとうの蕎麦とは、どういう味なのかを知っていただきます。

蕎麦鑑定士養成講座で、感動と驚愕の体験をしてください。

講座の詳細は、以下の写真をクリックして、「蕎麦鑑定士」の公式ホームページでご覧ください。

東京・南青山で、お会いしましょう。

           蕎麦鑑定士 認定制度 運営委員会委員長 片山虎之介

●以下の写真をクリックすると「蕎麦鑑定士」の公式サイトにリンクします。

(東京・南青山の「ふくい南青山291」は、福井県のアンテナショップです。ここが試験会場になります)

蕎麦鑑定士

 

日本蕎麦保存会
二八そばの名前の意味は? 江戸時代、職人の隠語で蕎麦は「縄」と呼ばれていました。二八そばは?

二八そばの名前の意味は?   二八そばの「二八(にはち)」が、どういう意味かという論争は、 …

日本蕎麦保存会
外二、内二、二八そば(二八蕎麦)、蕎麦と小麦粉の割合を解説/日本蕎麦保存会

外二、内二、二八そば(二八蕎麦)、蕎麦と小麦粉の割合を解説 写真と文 片山虎之介   そば …

日本蕎麦保存会
蕎麦のソムリエ講座、これまでに開催した講座の記録

【これまでに開催した講座の記録】   蕎麦のソムリエ講座で、これまでに開催した講座の一部で …