そば処 東家本店(北海道札幌市)創業当時の味を守りつつ、多彩なメニューで蕎麦酒も楽しめるお店に出会えた

北海道のおいしいそば屋

庶民的な雰囲気の店内で、更科そばとお酒が楽しめる店。

北海道は札幌市内の一番の繁華街の町、すすきのの外れにそのお店はありました。メニューを開くと釧路の老舗「竹老園 東家総本店」から暖簾分けして釧路で大正八年創業、その後二代目が札幌に昭和二十四年にお店を移したと、お店の歴史の説明が書いてありました。札幌でもとても有名な更科蕎麦店の様です。今日は、北海道の蕎麦打ちの師匠と二人で美味しい更科を食べに来てみました。


入店して、いつもの様にメニューを隅々まで見てから、その後は店内のオススメメニューを見渡して、彼女と私が決めたのが、一番人気の【ざるそば】と、季節限定で壁に貼ってあった【牡蠣そば】の文字に魅かれ、シェアして食べようと頼みました。

周りを見渡すと、向かい合わせ型の一人掛けカウンターに常連さんと思われるお客様の一人蕎麦呑みや、蕎麦屋の酒の肴と共に徳利を酌み交わしている二人組の殿方達が数組いました。全面喫煙可能と言う事もあり、大衆的な雰囲気も店内に漂う煙草の香りが要因なの一つかもしれませんね。逆に彼らは昼時の忙しい時間を外して、ゆっくり蕎麦屋酒を楽しむ為の常連さんだったりして…

さて先に運ばれて来たのはざるそばでした。真っ白な蕎麦が四角いせいろにまんべんなく平らに盛られていてその上には、きちんと三角に切られている海苔が20枚ほど乗っています。


薬味は、長ネギとわさび。細めの更科そばを一口啜ると、コシはそれほど強くなく丁度良い硬さです。つけ汁は、かえしが強めのやや辛口の味です。全体的にもう少し量が欲しいところですね。

そして、牡蠣そばが到着しました。丼の真ん中に正方形にカットした海苔の上に薄くコーティングされた牡蠣が四つ乗っていました。熱々のスープに、柔らかめに感じる蕎麦は牡蠣の味が染みたつゆが絡んで美味しい。最後は蕎麦湯で割って、ほぼ飲み干してしまいました。こちらの蕎麦湯は濃すぎず薄すぎずのさらりとした濃度です。


蕎麦の量は男性なら全てのメニューが大盛りでも食べれる感じの量だと思います。『おにぎりあり〼』の張り紙は、蕎麦におにぎり一つ食べる方が多い為なのかなとも思いました。

私達が食べてる間にも、お銚子のお代わりや酒肴の追加注文が聞こえて来ましたが、次回は私も蕎麦屋酒を楽しんでから、北海道でも最大の夜の街すすきのに、繰り出してみたいですね。逆に閉店時間が夜9時なので、すすきので呑んでから〆の蕎麦を食べに来るお客様も少なくないかもしれませんね。

こちらのお店のお土産メニューも豊富にあり、生そばや蕎麦つゆの他に、そば寿司、天丼、更には海老天ぷら・大海老天ぷら、人気のかき揚げまでありました。


また店内入口に飾ってある全国の日本酒¥500の銘柄の演出も蕎麦好き、酒好きがそそられるであろうお店でした。昔から蕎麦と酒は切っても切れない相性なのでしょうね。北海道に来たら夜はすすきので一杯、なんて言うプランの蕎麦好きの方は、〆に寄ってみても良いと思いますよ。

(レポート提出/喜心)

【店名】そば処 東家本店 (札幌市)

【読み(ひらがな)】あずまやほんてん

【 店の電話番号 】011-281-1045

【 住 所 】北海道札幌市中央区南4条西1丁目6-1

【 アクセス 】地下鉄東東線「東豊すすきの」駅より徒歩3分

【 営業時間 】午前11:30分~21:30

【 定 休 日 】日曜日

【ひとり分の平均的な予算】昼~¥1,000 夜~¥1,999

【 予 約 】

【クレジットカード】

【 個 室 】有

【 席 数 】45席

【駐 車 場】無(近隣にP有り)

【 煙 草 】全面喫煙可

【アルコール】有

【店のホームページ】

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/hZ6dGrqyiLR2

そばがきしるこ
そば屋 けん豆(北海道札幌市)香り高い外一そば

お店に入ると清潔感のあるお店。 店内にはジャズが流れています。 お蕎麦は、黒松内町と弟子屈町産の蕎麦 …

関東甲信越のおいしいそば屋
幻の蕎麦 時香忘 (長野県木曽町)開田高原の不思議な蕎麦屋さん

今回は開田高原まで遠出、今日は金曜日なのに何処もお休み。 途中に2件の蕎麦屋さんが有ったので、開田高 …

関東甲信越のおいしいそば屋
川上庵 (長野県 軽井沢町) 旧軽井沢銀座で賑わうお蕎麦屋さん 

7月24日、日中は気温も上昇するとの予報、今日は一日中何も予定が無く、暑さが苦手な私はあまり遠出する …