そば処 樹庵 (じゅあん)(北海道恵庭市)蕎麦を極めたい大人のためのお店

そとみ

今日は、11月12日土曜日。週明けは札幌初雪の予想がでており、気温10℃を上回る週末は今年最後かもしれず、自転車で恵庭の『樹庵』(じゅあん)に向かってみることにしました。予約できれば3回目の訪問になります。店主からは、手の空く11時に電話をもらえれば席の確認ができることをお聞きしていたので、移動途中の漁川(いざりがわ)を越える手前で電話を入れてみました。店主より、開店の11時半は満席だが12時には席が空くとの説明を戴いたので喜んで予約しました。JR千歳線の東に位置する江別・長沼から北広島そして恵庭・千歳に続く広大な田園の中を恵庭栗山線沿いに南下していくと、右手に「手打ちそば」と書かれた幟が見えてきます。営業中の証しでこれを見逃すと間違いなく通り過ぎてしまうので注意が必要です。

敷地に入っていくと正面に倉庫、右手には店主のご自宅と思われるベージュ色のお住まい、そしてその間にお店の看板が掲げられています。そこから石畳沿いに手入れの行き届いた庭の中を進んでいくとご自宅左手を増設したお店の建物が見えてきます。二重の引き戸を入っていくと、真っ白の壁と木製の床・テーブルでコーディネイトされたシンプルで清潔感のある洋間が現れます。右手には帳場、そして硝子越しに打ち場が見えます。中央手前に4席、その奥に6席のテーブルが置かれ、左手には大きな窓があり、4名分のカウンター席が並んでいます。窓からは蕎麦畑や小型のサイロそして遠くに恵庭岳等の連山を臨むことができます。8月末には収穫された蕎麦を干した島立の風景も楽しむことができました。

カウンターに先客があり、店主より暖かいご挨拶を戴くとともに4名の席に案内されました。メニューはとてもシンプルで、冷たい蕎麦3品、暖かい蕎麦3品、飲み物はコーヒーの1品となっています。外は寒かったので暖かい「かけ蕎麦」、「鴨南蛮蕎麦」、もしくは「にしん蕎麦」を注文したいところですが、すでに新蕎麦に切り替わっている時期であり、迷った末「せいろ蕎麦」をお願いしました。その他の冷たいそばは、「冷やしたぬき蕎麦」、「鴨せいろ蕎麦」があります。

暖かいそば茶と突き出しのサクッサクの揚げ蕎麦を味わっている間に漆黒のお膳が目の前に運ばれてきました。淡いブルーとグレー色の器が美しく並んでいます。中央主役の蕎麦は、丸抜きを粗目に挽いた蕎麦粉だろうか、粒々感のある麵線で、若干平麺の細目の蕎麦です。左手からの日差しで麺がきらきら輝いています。まずは、つゆをつけずそのまま口に含むと瑞々しくなめらかな感触が舌の上から喉を通り抜け、品の良い蕎麦の香りが鼻腔全体に広がってきます。弾力はあるがけっして硬くない、もちもちした気持ちの良い歯ごたえです。お刺身のように新鮮で、大地の味わいと言えるようなものを感じます。もう一回そのまま戴きます。そして、趣味で打つ蕎麦の出来とは次元が違い過ぎることについつい呆然としてしまうのです。今度は、つゆをつけて食べてみます。鰹の風味をやんわり感じる、かどのないスキッとした味わいです。続いて、薬味を箸でつまんで蕎麦と一緒に味わいます。わさびは丁寧に盛られ、すり立ての本物の香りと食感です。ねぎは極薄にスライスされていて蕎麦を啜るうえで邪魔をせず蕎麦の味を引き立ててくれます。

あっという間に完食してしまったため、追加したい気持ちが湧きおこってきます。しかし・・、前回もそうでしたが一日10名分しか作っていないという情報を思い出すとどうしても遠慮してしまいます。量も一人前としては十分だ・・。葛藤を抑え、会計をお願いしました。腰が低く優しそうな店主であり、蕎麦の品種や栽培のご苦労とか配合などを聞いてみたい気持ちはあるのですが、一定の距離感をもって長くお付き合いさせていただいたほうがいいのではないかと思って遠慮しています。今日も「おいしかったです」とだけお伝えしました。

「樹庵」は、ベテランの店主が蕎麦作りからお店の運営までのすべてを一人で行っています。蕎麦への真剣な取り組みが犇々と伝わってくるお店であり、家族連れで気軽に楽しむ、というよりは、蕎麦を極めたい、本物の蕎麦に出会いたいと願う蕎麦通の方にお勧めです。お店は、JR恵庭駅から3㎞はあり、車を持たない私は、次回伺うのは来年となります。その時は、冷やしたぬきを注文しようか。もう春が待ち遠しいです。

(レポート/そとみ)

 

【 店の電話番号 】
090-8372-0093
【 住 所 】
恵庭市上山口365
【 アクセス 】
恵庭駅(JR千歳線)より3㎞強
【 営業時間 】
11:30~14:30
【 定 休 日 】
月・火
【ひとり分の平均的な予算】
昼1000円
【 予 約 】

【クレジットカード】
不可
【 個 室 】
なし
【 席 数 】
14席
【駐 車 場】 
3台
【 煙 草 】
不可
【アルコール】
無し
【店のホームページ】
無し

 

どんごろやす
蕎麦 降松(くだまつ) (山口県下松市) 小山の中にある古民家改装の蕎麦屋

下松市東部の山あいにある、古民家を改装した今年ちょうど開業十年になる蕎麦屋さんです。国道2号線やJR …

のほほんと。
蕎麦割烹 黒帯(愛知県名古屋市) 十割そばと二八蕎麦の食べ比べ

ラストオーダー30分前の13:30頃に店舗に到着。店内は満席で、前に3組のお客様が待っている状態でし …

ルーモス
蕎麦割烹 黒帯(愛知県名古屋市)伝説の蕎麦職人の味を受け継いだ蕎麦割烹「黒帯」で希少種「幻の蕎麦」をいただく

以前、鶴舞店へ伺った「蕎麦割烹黒帯」さん。特徴ある蕎麦をもう一度食べてみたいと、今回天白本店へ伺いま …

error: Content is protected !!