そば おがわ (茨城県つくば市)  誰にも教えたくない?!蕎麦好きが集う小さな秘密基地

茨城県のおいしいそば屋

ようやく訪れる事が出来た「おがわ」さん。美味しい十割蕎麦が食べられると聞いてはいたが何せ営業は土日の11:00~14:00のみ。店主がその時々で一番良いと思う蕎麦粉を全国から取り寄せて打ち、食べ比べさせてくれるというのだから蕎麦好きにとってはそれこそ「ご縁」が無ければ叶わない貴重な蕎麦との出会いの場でもある。だがここ数年の間にどうやら店主が他界されたようで一時は閉店したもののお弟子さんが後を引き継ぐ形で営業を再開、メニューも十割蕎麦とお任せ(十割蕎麦と天麩羅)の2種類のみに絞り今に至ると聞いている。


小野川交流センターのはす向かいに位置するこのお店、白く飾り気の無い無機質な外観はお洒落なカフェの様で蕎麦屋だと気づく者は先ずいないであろう。白と茶で統一された店内にはテーブルと椅子以外潔いくらい何も無い。見方によってはスタイリッシュと言えなくもないが、そこまで徹底されていない中途半端さがゆる~いつくばスタイルなのである。シンプルに蕎麦の味だけで勝負するぞ、という店主の意気込みが感じられる室礼である。


オープンと同時に入店。厨房の作業が見られるカウンター席に腰を下ろし注文した「お任せ」の到着を待つ。後から来た2名の常連客も「お任せ」を注文しカウンター席へ。おかみさんと今年の新蕎麦について色々話し始めた。(どうやら此処に来る客の殆どがカウンター席に座り「お任せ」を頼むようである)静かに流れるジャズの音色を楽しみながら蕎麦を茹でる店主の作業をじっと見つめる。

程なくして寿司屋で握りがカウンター越しに順次提供されるが如く、十割の新蕎麦がちょこっとせいろに乗って先ずは一枚差し出される。「お客さん初めてですよね?順番に出しますから安心してください。」どうやら客の食べるペースに合わせて二枚目を茹で少しづつ提供するスタイルのようである。やはり只の店ではなかった!一番良い状態で食べて欲しいという店主の気持ちに応えるべく間髪入れずに先ずは生蕎麦をずるっと啜り上げる。十割の蕎麦は細くコシがありスパっと切れる歯応えも十分。新蕎麦の割には薄緑よりも少し淡い白茶に近い感じの色味であるが麺の中には赤茶色の星が所々確認する事が出来る。蕎麦の香りも立っていて生蕎麦のままで本当に美味い!しっかり濃い口のつゆは出汁というより醤油の味が前面に出てくる感じでどちらかと言うとしょっぱ目。添えられた本わさびを蕎麦にちょこんと乗せて下だけ少しつゆを付けて一気に啜るともう止まらない旨さである。

あっという間に一枚目を平らげた頃「次の硬さはどうしますか?一枚目と比べて…お好みで茹でますよ」なんと!二枚目は客の好みに合わせて茹でてくれると言う。今迄色々な蕎麦屋にお邪魔してきたがこの様な事を言って頂いた事は一度も無いので驚きと同時に感動すら覚え「お任せでお願いしますっ!」と返答。そのタイミングでおかみさんが揚げたての天麩羅を「塩でどうぞ~」と持って来てくれた。

魚と季節野菜(椎茸、茄子、南瓜、ピーマン)の盛り合わせ。柚子が添えられたサクサク熱々の天麩羅は二枚目が到着する迄味変しながら楽しむ。二枚目の蕎麦が到着後は一枚目同様最高のタイミングで提供される蕎麦の味と香りを逃すものかと一気に啜り上げる。あ~何という幸せ。後は蕎麦湯を待っていつもの様に〆スープを…と考えていたら、必死に啜り上げる姿を見て余程お腹が空いてるのだと思ったのか、店主が「もう少し食べませんか?」と嬉しい申し出。「大丈夫ですよ。とても美味しいお蕎麦でした」と遠慮すると「余分に茹でちゃったので良かったら…」「よろしいのですか?では有り難く頂戴します」そんな会話が交わされ三枚目を頂く事に。常陸秋蕎麦を十割の新蕎麦でこんなに沢山頂く事は滅多に無い事。今日は何て良い日なのだろう。最後に猪口をもう一つ貰い、さらっとした蕎麦湯を単体で味わう。湯気と共に蕎麦の香りがふわっと立ち上り甘く柔らかな口当たり。天麩羅に添えられた柚子を残しておいたつゆに絞り入れ、ネギと本わさびを溶いて蕎麦湯を注げば〆のスープ完成である。

話好きのおかみさんと無口だがしっかり客の様子を観察し的確に旨い蕎麦をタイミング良く提供する優しい店主の息の合った連携。おかみさんと常連客との会話も専門的な話が飛び交っている所から察するに、きっとカウンター越しで週末蕎麦談議に花を咲かせているのであろう。蕎麦好きが集うのも分かるような気がする。ラボの様な小さな蕎麦屋。本当は誰にも教えたくない秘密の場所。年末混む前にまた来ようと再訪を心に誓い店を後にした。

(レポート 玄)

【 店の電話番号 】
050-3749-2712
【 住 所 】
茨城県つくば市館野473-1
【 アクセス 】

【 営業時間 】
11:00~14:00
【 定 休 日 】
月・火・水・木・金曜日
【ひとり分の平均的な予算】
1000円~1500円
【 予 約 】

【クレジットカード】
不可
【 個 室 】

【 席 数 】
22席(カウンター4席、4人掛けテーブルが4つ、テラス6席)
【駐 車 場】
有(6台)
【 煙 草 】
全席禁煙
【アルコール】
【店のホームページ】

おらあ蕎麦っ食いだぜ
生蕎麦 槐(石川県七尾市)能登島の在所でいぶし銀の輝きを放つ蕎麦屋

七尾市和倉(和倉温泉)から能登島大橋を渡り、橋から車を走らせること約10分。目当ての蕎麦屋は能登島の …

関東地方のおいしいそば屋
そば工房 篠 (千葉県山武郡芝山町) 最初から最後までソバづくしのお蕎麦屋さん

成田空港から車で10分ほどに位置しているお蕎麦屋さん。 芝山町は埴輪(はにわ)が有名で古墳が280個 …

おらあ蕎麦っ食いだぜ
蕎麦処 浄楽 (石川県羽咋市)日蓮宗妙成寺の門前で味わう石臼手挽きの粗挽き蕎麦

地域では五重の塔で有名な日蓮宗妙成寺の門前に位置する民家風の蕎麦屋です。以前、店主が粉を挽く貴重な休 …