茨城県のおいしいそば屋

都内の天麩羅店で修業を重ねた店主の揚げる天麩羅が絶品であると評判の蕎麦屋太喜路さん。数年前に改装し今やちょっとした高級料亭の趣すら感じさせる外観に変貌を遂げているが相変わらずのアットホームな接客と確かな味で盛況振りは健在である。ずっと気になっていた店であるが前を通る度に駐車場はいつも満杯。折角訪れても臨時休業だったり日曜定休だったりでタイミングが合わず、すっかり縁遠くなってしまっていた。

この日は朝から凍えるような寒さ。窓を叩きつける風の音が一段と強く激しく鳴り響き、細い隙間から冷気がすーっと忍び込んで来る。いよいよ来たかつくば颪…今季初であろうか?木枯らしが吹く寒いさむ~い一日の幕開けである。昼時になるとつくば颪で完全に芯まで冷え切った体が求める物は一つ。こんな日は温かい汁蕎麦が食べたくなるものだ。頭の中で始まった妄想はもう止められない。狐に始まり鴨南やらけんちんやら天麩羅蕎麦がぐるぐると巡り始め、この寒さにはやはりこってりした油物だよなぁ…とするとやはり天麩羅蕎麦か?いや待てよ今の季節だとそろそろ牡蠣が出る頃だぞ…牡蠣南蛮?これだ!これがあるじゃないの~という訳で太喜路さんへ。


前轍を踏まぬよう、今回はしっかり営業を確認しての訪問である。が何せ昼を過ぎての到着、もう蕎麦が無くなっている可能性も否定出来ず祈る様な気持ちで店を覗く。予想どうり満席。気になる蕎麦の在庫は…と奥から女将さんが「そこに名前書いてお待ち下さいね~」とのお声掛けが。どうやら蕎麦は未だあるようだ。ホッと胸を撫で下ろし店のノートに書き込みをする。この店では混雑時、店のノートに名前と車の情報を記入して車内で女将さんが呼びに来る迄待機するシステムである。


暫くして先陣の客が捌けたのか女将さんの呼び声で数名の客と共に入店。小さな中庭の紅葉が見える座敷席へと案内される。ちょっと良いお宅にお呼ばれした様な家庭的な温もりを感じさせる室礼である。温かいほうじ茶と共にグランドメニューと秋のお勧めが記された季節感溢れるメニュー表が渡される。

心は牡蠣南蛮一択、と思いつつやはりせいろで蕎麦の味も確かめたいし…と思いを巡らせていると「小せいろ」がある事をふと思い出す。女将さんに確認すると「ありますよ~」との事。迷わず小せいろと牡蠣南蛮を注文しせいろを先に持って来て貰う事にする。この店では毎朝常陸秋蕎麦を石臼で挽き繋ぎ一割で細打ちした蕎麦を提供している。(大盛は340円プラスで注文も可能)そして自慢の天麩羅は揚げたてを二度に分けて提供するという拘りようである。一番人気のメニュー「海老・貝柱天せいろ」は1900円と決して安く無い価格設定であるにも関わらず殆どの客が注文している。他にアスパラの天麩羅や串銀杏の天麩羅の注文も後を絶たない。

客層は以外にも若く、デート中のカップルや中年の夫婦連れ、女性の一人客の姿が目立つ。店内に流れるBGMも客層を意識してか民族音楽(アンデスの笛の音)のメドレーや環境音楽など比較的軽快な感じであるが店の雰囲気に以外にもマッチしている。


程なくして小せいろが到着。薄い白茶で透明感のある瑞々しい細麺。鼻を近づけるとふわっと蕎麦の香りが立ち、するっと滑らかな舌触りで喉越し良く歯応えも十分。蕎麦の中には赤茶と黒の星が確認出来る。出汁が効いた少し濃いめのつゆと本わさびの円やかな辛さとの相性もバッチリである。驚いた事に、この店の蕎麦湯は鉄瓶で提供される。さらっとしていながら白濁した蕎麦湯は故に熱々で〆のスープが楽しめるという訳である。特に今日の様な日には心底有り難いサービスである。

続いて運ばれて来た牡蠣南蛮。丼に木の蓋が被せられ熱を逃さない工夫が施されている。何という気配りであろう。蒸らされた蕎麦は柔らかく箸で手繰るのも心許ないがつゆを吸って少しとろけた大振りの牡蠣天と揚げ餅、えのきと上手く絡み合って何とも上品な味に仕上がっている。熱々の出汁が効いた甘口のつゆと噛むと少し苦みを感じる濃厚な牡蠣の味わいはまさに大人の食べ物。極上の逸品である。
次回は天かけ(海老・野菜天麩羅別盛り)やごまだれ蕎麦、ご飯物なら天丼もきっと美味いに違いないのでこちらも是非頂いてみたいお勧めの店である。

(レポート 玄)

 

【 店の電話番号 】
029-843-4027
【 住 所 】
茨城県土浦市乙戸880-1
【 アクセス 】

常磐線(取手~いわき行)荒川沖駅から徒歩20分
【 営業時間 】
昼 11:30~14:00
夜 18:00~21:00
【 定 休 日 】
日曜日
【ひとり分の平均的な予算】
約1000円~3000円
【 予 約 】

【クレジットカード】
【 個 室 】

【 席 数 】
約35席(カウンター4席、4人掛けテーブルが2つ、座敷2部屋に4人掛けテーブルが1つと2人掛けテーブルが1つ、4人掛け座卓が1つ他)
【駐 車 場】

【 煙 草 】
禁煙
【アルコール】
日本酒、焼酎、ビール、ワイン
【店のホームページ】

おらあ蕎麦っ食いだぜ
生蕎麦 槐(石川県七尾市)能登島の在所でいぶし銀の輝きを放つ蕎麦屋

七尾市和倉(和倉温泉)から能登島大橋を渡り、橋から車を走らせること約10分。目当ての蕎麦屋は能登島の …

関東地方のおいしいそば屋
そば工房 篠 (千葉県山武郡芝山町) 最初から最後までソバづくしのお蕎麦屋さん

成田空港から車で10分ほどに位置しているお蕎麦屋さん。 芝山町は埴輪(はにわ)が有名で古墳が280個 …

おらあ蕎麦っ食いだぜ
蕎麦処 浄楽 (石川県羽咋市)日蓮宗妙成寺の門前で味わう石臼手挽きの粗挽き蕎麦

地域では五重の塔で有名な日蓮宗妙成寺の門前に位置する民家風の蕎麦屋です。以前、店主が粉を挽く貴重な休 …