関東地方のおいしいそば屋

都営線森下駅より2つ目通り沿いを都営線清澄白河駅方面へ徒歩で5~6分程、ふかがわ翁を訪問する。当日は猛暑日にて日中の外出を避けたため、17時の訪問となる。夜の部がスタートしたばかりのためか、店内にはお客は誰もおらず、私ひとりであった。店内はカウンター席のみの9席。店内を見渡すと、高橋邦弘氏サイン本がカウンターにて販売されており、翁の弟子であることも窺える。

そして、カウンター上に設置されているメニュー表を見てみると、湯葉、葱、とろろなど、奇をてらわないそば切りを活かすシンプルな蕎麦メニューが列挙されており、個人的に好感の持てるお店であると感じる。早速「ざるそば」を注文。3~4分ぐらいで、そばが席に到着する。

色は白色。蕎麦麺の太さも中庸である。まずは蕎麦のみを口に入れてみる。麺の硬さは丁度よく、歯を当てたときの切れ具合、噛んだときの噛みごたえや弾力もあり、そして麺にコシがあり申し分ない。つなぎの小麦の香りは全く感じられず、とても美味である。そして麺をすすってみると、鼻に抜ける蕎麦の香りも立っており、喉越しもキレも申し分ない。つぎに汁。色は透明感のある濃茶色。甘味は弱く、塩味が優勢、醤油の味がちょっと強いかな、でもこれは個人の好みにも因るのであろう。また、雑味なく、切れのある江戸前の辛汁であった。そして、麺に汁を絡めて食べると、うん、麺と蕎麦汁のハーモニーも申し分ない。うまく絡み合って、麺と蕎麦汁のハーモニーも充分に楽しめる、極上の嗜好品としての蕎麦であった。おいしいお蕎麦を御馳走さま、という食味体験にございました。

(レポート かめのうらしま)

【 店の電話番号 】
03-6659-2294
【 住 所 】
東京都江東区常盤2-12-12 RR tokiwa 1F
【 アクセス 】
都営新宿線森下駅 徒歩5分
【 営業時間 】
11:30~15:00(L.O.14:30)、 17:00~21:00(L.O.20:30)
【 定 休 日 】
火曜日
【ひとり分の平均的な予算】
昼1,600円  夜4,000円
【 予 約 】
夜のみ
【クレジットカード】
不可
【 個 室 】
無し
【 席 数 】
9席
【駐 車 場】
無し
【 煙 草 】
禁止
【アルコール】
有り
【店のホームページ】
無し

 

 

 

どんごろやす
蕎麦 降松(くだまつ) (山口県下松市) 小山の中にある古民家改装の蕎麦屋

下松市東部の山あいにある、古民家を改装した今年ちょうど開業十年になる蕎麦屋さんです。国道2号線やJR …

のほほんと。
蕎麦割烹 黒帯(愛知県名古屋市) 十割そばと二八蕎麦の食べ比べ

ラストオーダー30分前の13:30頃に店舗に到着。店内は満席で、前に3組のお客様が待っている状態でし …

ルーモス
蕎麦割烹 黒帯(愛知県名古屋市)伝説の蕎麦職人の味を受け継いだ蕎麦割烹「黒帯」で希少種「幻の蕎麦」をいただく

以前、鶴舞店へ伺った「蕎麦割烹黒帯」さん。特徴ある蕎麦をもう一度食べてみたいと、今回天白本店へ伺いま …

error: Content is protected !!