そば道 東京蕎麦style大井町本店(東京都品川区) 住んでも食べても遊びにも人気の大井町で頂ける個性的なお蕎麦

関東地方のおいしいそば屋

品川まで3分、3路線が乗り入れる交通の便が良い「大井町駅」から、観光客でも、ほぼ迷わず到着できる駅近立地の個性的なお蕎麦とお酒が楽しめるお店です。
秋の夕暮れ(コロナ禍)に伺ったのでお店を見つけると同時に店内の灯りと共に装飾などが見えることからお酒も一緒に楽しめるお蕎麦屋さんなのだというのが一目でわかる雰囲気でした。美味しいお酒と拘りのお蕎麦をチビチビと楽しみながらゆっくりいただけるイメージです。

入ると直ぐ左にレジ、その奥に孤立した4名掛けのテーブルがあり、右手には大きなテーブルは10名以上利用可能。その奥にさらにテーブルが3つほど見えます。大きなテーブルと平行にカウンターキッチンが見え40代くらいの恰幅の良い男性が見えました。ホールスタッフの方も男性で、厨房の方も大きな声でご挨拶してくださいます。奥のテーブルに幼少のお子様連れの若いご夫婦、大きなテーブルには既に1名ずつ来店された会社員風の方が2~3名いらっしゃいました。

どのようなメニューがあるのか、入店直前にネットで調べたのですが店内に入るとテーブルに配置されたメニューに様々な蕎麦があり興味をそそりましたが、入店前に決めていた【天つきそば切り】(太打ち「田舎そば」)を注文しました。こちらのお店のお蕎麦は(太打ち「田舎そば」)か(細打ち「挽きぐるみそば」)をチョイスできるという嬉しいような、永遠に悩んで困るような・・・そんなバリエーションでした。温かい蕎麦の美味しそうなメニューもたくさん、更にお鍋のメニューも有り、きっと会社員さんの宴会などにも重宝されているお店なのだと推察しました。テーブルには爪楊枝・粉山椒・七味・醤油・割りばしが配置されクリアボードもしっかり設置されていました。まず供されるのは使い捨てタイプの紙ナフキンとお水。

先客は全員既に食されていたことも有り私の注文したお蕎麦は10分ほどで仕上げられました。天ぷら(エビ2尾、かぼちゃ、茄子、獅子唐) と天つゆ、薬味は白ネギ輪切り、わさび、黒光りする見るからに個性派の田舎蕎麦がお盆に乗ってきました。店員さんと近く、じっくり写真を撮ったり観察することに躊躇し、ササっと撮影し、香りなども瞬時に感じて口に運びます。見た目は太目、艶は少し有り、エッジもしっかりとある強めの主張。塩なども置いてないので、まずはそのまま頂きます。

とにかく一番に感じるのは物凄い強い噛み応えと口の中での存在感。なんど噛んでもその歯ごたえは中々衰えず、最後には上下の奥歯の表面にネッチリとしたものが残るような感じ。決してツルツルとは入らない麺です。蕎麦の長さは7割程度がほぼ、割り箸くらいの長さに切れていて、ざるの上に乗っているその姿から、箸で持っても一切形状が変わらない個性。口に入れゆっくり香りを感じると見た目ほど強くない香りと、ホロっとした苦味を感じます。とにかく噛み応えが半端なく風味より印象に残ります。

女性の小さな口では1本を取って口に運んでも、スルリ!とは入らず麺も形状が変わらないので口の周りに一度バウンドして、お箸でうまく口中に誘導する必要がありました。言い方は悪いのですが太めのハリガネみたいで、一度口にひっかかってから、収まっていくという楽しい感じです。なので、そばつゆにどっぷり浸すのは余りおススメしません。初めて出会った、かなりワイルドな麺です。麺は全体的に濃いグレーで粒感は無し。麺の大盛りも有りましたが、普通盛りにして正解!ひと口100回近く噛んだので一気に満腹になり天ぷらを平らげるのも危うかったです。噛み応えが半端ないのですが、芯が有るわけではなく、顔の良い運動になるくらいの食感でした。確認することは出来ませんでしたが二八蕎麦かな?と言う印象です。

そばつゆは想像より濃くなく、関西の私にはとても意外でした。塩辛くもなく、色も少し薄目で透明感があるあっさりとした優しい味だったため、更に蕎麦の強さが際立ったと思います。ワサビも本わさびなのか、必要以上に『ツン!』とすることなく頂け、卓上の粉山椒との相性がとても良かったです。そば湯は60~70℃位で、サラッとしたタイプ。あっさりとしたそばつゆに、たっぷり入れて優しい風味で最後まで美味しくいただけました。

通常は美味しいお酒や鍋と共にゆっくり味わえるようで沢山の焼酎のボトルキープが並びビールやワインなども冷蔵庫から見えておりました。
蕎麦に至っては、つけ汁のバリエーションも豊かで、丼もの、ランチメニューも多々あり興味津々、美味しそうでした。田舎蕎麦には濃厚なつけ汁(濃厚くるみだれ、黒カレーや海老の濃厚つけ蕎麦など)をチョイスすると更にワイルドな濃いお蕎麦がいただけると想像できます。蕎麦の種類を変えたり、つけ汁を変えると無限に楽しめそうなお店です。

帰りがけに入ってこられた会社員風の男性が『田舎そば、やわらかめで大盛り!』と注文され『茹で時間決まってるので出来ません』と言われていました。この男性も前回、私のように口に入れにくかったのかなぁ~?と想像し、今までにないタイプの超ワイルドでやんちゃな感じの麺との出会いがとても面白かったです。
次回は『挽きぐるみ』もいただいてみたいな・・・と興味をひかれました。

(レポート Megumi.K)

【 店の電話番号 】03-3763-3678
【 住 所 】東京都品川区大井5-21-7
【 アクセス 】 JR大井町駅 中央口 LABI側より徒歩1~2分程度
        東急大井町駅 徒歩5分程度
        ※そば道 ~はなれ~も近隣に有り(ご注意ください)
【 営業時間 】11:00~26:00 (月~土)
       11:00~24:00 (日・祝)
※但し、コロナ禍で変更有り、お店にご確認ください。
       17:30~19:30(ラストオーダー)
【 定 休 日 】無
【ひとり分の平均的な予算】700円~
【 予 約 】不明
【クレジットカード】可
【 個 室 】無
【 席 数 】大テーブ13~14人席×1 テーブル4人席×2
テーブル2人席×2   カウンター 5~7名程度
       
【駐 車 場】 無
【 煙 草 】不可
【アルコール】有
【店のホームページ】
https://www.dr-t.co.jp/sobamichi/

 

おらあ蕎麦っ食いだぜ
生蕎麦 槐(石川県七尾市)能登島の在所でいぶし銀の輝きを放つ蕎麦屋

七尾市和倉(和倉温泉)から能登島大橋を渡り、橋から車を走らせること約10分。目当ての蕎麦屋は能登島の …

関東地方のおいしいそば屋
そば工房 篠 (千葉県山武郡芝山町) 最初から最後までソバづくしのお蕎麦屋さん

成田空港から車で10分ほどに位置しているお蕎麦屋さん。 芝山町は埴輪(はにわ)が有名で古墳が280個 …

おらあ蕎麦っ食いだぜ
蕎麦処 浄楽 (石川県羽咋市)日蓮宗妙成寺の門前で味わう石臼手挽きの粗挽き蕎麦

地域では五重の塔で有名な日蓮宗妙成寺の門前に位置する民家風の蕎麦屋です。以前、店主が粉を挽く貴重な休 …