玄(奈良県奈良市)そば通にも人気の名店

奈良県のおいしいそば屋

近鉄奈良駅から徒歩 15~20 分程度の距離の奈良町の住宅街にある名店。
土地勘のない初回の方は必ず迷われるくらい分かりにくい立地にある。

今までも何度か足を運んでいますが、食べることと感じることに夢中になり重要な写真を撮り忘れてしまったり、お蕎麦の説明を生で伺っている間にメモを取り忘れ、しっかりと文章に仕上げることが出来なかったので、今回はレポートをしっかり提出する!という強い意志で伺いました。

知っていることが嬉しいお店の一つで、予約が必須(予約しないとお蕎麦が売り切れていることが殆ど)なのですが、なかなか予約が取れません。

コロナ禍ということも有り去年と今年は 1 週間前くらいでもギリギリ予約が取れる状態でし
た。

まず、予約時にお蕎麦を何枚食べるか??予約する必要があります。当日追加で食べたいと思ってもほぼ食べられません。(予約で売り切れているため)

女性でも 2 枚は食べられる量だと思いますが知り合いは 3 枚をぺろりと平らげます。蕎麦の予約は【せいろ】もしくは【田舎そば】で注文します。例えばせいろ 1 枚と田舎を 2 枚・・などです。蕎麦は全て石臼引きの 10 割。

今回は 2 人で【せいろ 2 枚】と【田舎 3 枚】と【そばがき 1 個】です。
その食べ方は当日メニューを見て決めることが出来ます。

さて、当日予約時間内に入店します。注意が必要なのは 13 時 30 分が完全撤退時間なので早めの入店がおススメです。

柿渋で染めたような生地に『玄』と大きく書かれた暖簾をくぐると箱庭のような
スペースがあり、左手に見える引き戸を開けると右に消毒液と最小限のお花と小さな置物があり、靴を脱いで上がります。すぐ左手に扉が閉まる 6 名程度入室出来るテーブルの個室があります。正面にレジカウンター、その奥に大きな鍋が見える厨房、右手に畳の広間があり手前と奥に庭が見えるのでとても眺めの良い空間です。

座ると直ぐに予約していたお蕎麦の確認があり、風味の良い蕎麦茶と豆手ぬぐいが出てきます。その後、予約していたお蕎麦をどのように食べるのか?という事を聞かれます。そのまま出汁でシンプルに食べる以外にメニューに掲載されている(梅たたきの水そば)(山かけ)(おろし)などをチョイスしますが、何度訪れても毎回シンプルな食べ方をチョイス。

今回初めて(梅たたきの水そば)を注文。まず、せいろが出てきますがワサビと汁が添えられます。テーブルにはネパールの岩塩とお花と爪楊枝。お勧めは塩から・・・と促され従います。

せいろはほんのり緑がかった白目の蕎麦で艶もあり細めの麺。ひとくち口に運ぶと見た目から想像できないしっかりとした香りが鼻を抜けていきます。コシが強くゆっくり食べていてもプッツリ切れるような食感には変化せず最後までほぼ強めのコシは保たれています。甘みと香りが印象的なお蕎麦、甘めの汁ですが辛くは無く、ほんの少しつけていただきました。

食べ終わる頃に届く『田舎蕎麦』は丸い竹ざるに乗って出てきます。見るからにせいろと違う濃い色目です。小さじ 1 程度の大根おろしと追加の出汁(せいろと同様の出汁)が徳利に入れられて、空のそば猪口と供されます。粒粒感を感じるというより全体的に濃いめのグレーがかった蕎麦。

艶は少なめですが、口に運ぶと、せいろに比べて味はしっかりしていますが、香りはせいろの方が強く感じました。食感も良くエッジのある口当たり。塩で食べると蕎麦の味がしっかりと感じられることから、ほとんど塩で頂きました。

同じ田舎蕎麦で、食べ方違いの梅たたき水そばは、そば猪口に水(奈良の浄水)とたたき梅、ネパール岩塩と共に出てきます。梅は甘めでしたがお蕎麦との相性は良かったです。驚いたのが、田舎蕎麦を水にくぐらせて塩をふったり、たたき梅を乗せていただくのですが、水を通すと蕎麦の風味の感じ方が全く違ったこと。より強く蕎麦の個性を感じることが出来、とてもびっくりしました。同じお蕎麦なのに風味が違って感じることで最後まで飽きずにいただくことが出来ました。

食べ終わる頃に、湯気立つそばがきが、わさび天盛りで届きました。まん丸でフワフワの見た目で 2 人でシエアしていただきます。甘めの返し醤油と岩塩と一緒に・・・そばがきはとても風味が良くモチモチフワフワで冷めてもモッチリ感は損なわれず蕎麦の甘い香りと鼻腔に抜ける爽やかな中に感じる蕎麦らしさがお腹いっぱいになっても食欲をそそる恐ろしさです。取り分け用に用意してくださるお皿を温めて出していただいたり、細かな心遣いが、蕎麦に対する愛情を感じ、嬉しく思いました。

蕎麦湯はトロっと白濁したもので、最初に出てきた出汁も全てテーブルに残っているので色々な楽しみ方が出来て最後まで美味しくいただきました。

12 時頃に入店し、13 時過ぎ迄かかっていただきましたが最後の客になり、横では既に夜の準備をバタバタとされていました。13 時半閉店とのことでしたが、もう少し早く仕舞われるイメージです。

本日の蕎麦の産地は栃木と福井とのことでした。(尋ねると教えてくださいます)
会計を済ませ(人数で割り勘会計対応してくださいます)私がいつも飲んでいる大好きな玄さんの蕎麦茶を購入し(500 円税抜き)帰路につきました。毎回、次回は何時行こう??と思ってしまうリピート率高いお店です。

夜は伺ったことが有りませんが、コースメニュー12,000 円(サ別)のみで予約のみの営業です。一度ゆっくり伺いたいです。乳幼児さんは入店不可とのこと。

(レポート提出/Megumi.K)

【 店 名 】玄

【 読 み (ひらがな)】げん

【 店の電話番号 】0742-27-6868

【 住 所 】奈良市福智院町 23-2

【 アクセス 】近鉄奈良駅より徒歩 15 分
JR・近鉄奈良駅から天理行バス約 10 分「福智院町」下車徒歩 3 分。

【 営業時間 】昼 11:30~13:00 完全撤退 13:30夜 18:00~21:00(最終入店 19:00 まで)
※要予約となります。(コース料理のみ)

【 定 休 日 】定休日は毎週日・月(但し土曜日は昼のみ営業)

【ひとり分の平均的な予算】昼 1,100 円~(税別)
夜 コースのみ 12,000 円(サ別)

【 予 約 】可能 但し 夜は予約のみ

【クレジットカード】不明

【 個 室 】あり 4~6 名

【 席 数 】14 席

【駐 車 場】 無 近隣に有料駐車場多数あり

【 煙 草 】不可

【アルコール】有

【店のホームページ】は無し

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/6EypJ3sa78SiNRkT9

 

かき揚げそば
信州そば処 霧里(長野県軽井沢町)予約が必要な人気店の天ざるは、蕎麦も天ぷらも美味しい!

今回の店は、『軽井沢新そばまつり』の開催日の前日に訪問した、軽井沢駅近くの人気店である。信州蕎麦の地 …

かき揚げそば
蕎麦切り 翁(東京都品川区)有名商店街の人気蕎麦屋は、美味しさでも有名!

今回の店は、都内でも有名な商店街の一つ、『戸越銀座商店街』の東端にある、庶民的で地元で愛されている小 …

かき揚げそば
手打そば 舞扇(東京都文京区)こんなお店が欲しかった、味も値段も居心地も、すべてが大満足の大人の隠れ家

今回は、東京ドームに近い文京区小石川にある、小さな大人の隠れ家を紹介したい。居心地の良さは万人誰もが …