創業明治16年 蕎麦處 かふく (宮城県仙台市) 「鶏といわしのつみれ蕎麦」を注文。大正解 !

東北地方のおいしいそば屋

蕎麦好きの上司がいて、たまにランチに誘われたことがありました。

この店は、職場から徒歩で行けますが、繁華街とは逆方向で、隠れ家的な場所です。

初めて行った時は、江戸時代にタイムスリップしたような店構えで気に入りました。何せ創業が明治16年という老舗です。

きょうは、新蕎麦の時期なので、久しぶりにお昼にお邪魔しました。

店内はお座敷、テーブル席があり、茶釜から優しい湯気が上り、和やかな雰囲気です。

ここの名物は、蒸籠に盛られた盛り蕎麦なのですが、好きな枚数を注文できるのです。

今回は、「鶏といわしのつみれ蕎麦」を注文しました。どんぶりに入った、温かい蕎麦です。

待つ間、創業年が刻まれた湯呑で、そば茶をいただきました。

お蕎麦が運ばれてきました。

「鶏といわしのつみれ」は、予想外の大きさです。ビックリして「でかい!」と、思わず声を出してしまいました。

まず汁を味見しました。ごくり。少し肌寒い日でしたので、五臓六腑に染み渡ります。 ああ~、何て優しく懐かしい味なのでしょう。

ざるそばを食べる機会が多いので、辛汁に慣れていますが、温かい蕎麦の優しさも、いいものですね。 ザルは男性、温かいかけ蕎麦は女性にむいているのかもしれません。

大きなつみれを箸で口に運びます。まず半分、口に入れました。 鶏の軟骨が入っていて、食感が楽しめます。

いわしの味はしっかりしていて、そのあとで蕎麦を食べても、まだいわしの味が口中に残っているほど。

水菜と大根おろしがトッピングされて、見た目にも、おいしそうです。

七味唐辛子をちょっとかければ、くせになる味わい。

蕎麦は、更科風で、上品な風味。量もたっぷりなので、すっかり満足しました。

ご馳走様でした!

店員さんにお話をうかがいました。 そば粉は秋田産と山形産のブレンド。そば粉とつなぎの割合は、6:4とのことでした。

 

【 店 名 】創業明治16年 蕎麦處 かふく(家福)

【 読 み 】ソウギョウメイジジュウロクネンソバドコロカフク

【 電話番号 】022-222-0565

【 住 所 】宮城県仙台市青葉区本町1-14-16 家福ビル2F

【 アクセス 】地下鉄南北線「勾当台公園駅」公園1出口より徒歩6分

【 営業時間 】11:00~20:00

【 定 休 日 】日曜日  (土・月曜日が祝日の場合は休み)

【ひとり分の平均的な予算】800円~900円

【 予 約 】可

【クレジットカード】情報なし

【 個 室 】個室 室(2名×1室、4名×2室)

【 席 数 】48席

【駐 車 場】2台

【 煙 草 】全面禁煙

【アルコール】有

【店のホームページ】https://www.miyalabo.jp/shop/shop.shtml?s=2998

原っぱ
由布隠れ酒家そば こうき(大分県由布市)観光地の本格蕎麦

温泉の町大分県湯布院町、駅前通りの中心にあるレストラン風で明るい雰囲気の蕎麦屋さんです。 人気メニュ …

原っぱ
十割蕎麦 かぜのたみ(福岡県筑紫野市)そば粉へのこだわり

福岡県中央部に位置する筑紫野市の郊外にある、古民家を改修した店名どおりの風情ある蕎麦屋さんです。 蕎 …

原っぱ
そば処 南総庵(千葉県南房総市)ソウダガツオと昆布のダシ

色んなブログや観光案内等に紹介されている外房では有名なお店のようです。2代目ご夫婦とまだまだ元気なお …