福島県で復興応援のそば振る舞いを開催「轟そばの会」と「日本蕎麦保存会」

日本蕎麦保存会

2011年3月11日に東北地方一帯を襲った東日本大震災による被害とともに、原発事故でも多大な被害を受けた福島県川内村のそば店「天山」で、2012年1月29日、「轟そばの会」(松本行雄代表)と、「日本蕎麦保存会」(片山虎之介代表)が、力を合わせてそば振る舞いを行いました。

両会は、事前に川内村を訪ねて、現場の状況の確認を行い、地元の皆さんとそばぶるまいについての打ち合わせを行いました。その上で準備を整え、1月28日に現地入りし、翌29日にボランティアでイベントを行ったものです。

村内に暮らす方々の多くが会場を訪れ、熱意のこもった温かいそばを、召し上がりました。

イベントの様子は、地元のテレビ局も取材し、報道されました。

 

 

 

 

 

 

日本蕎麦保存会
全国そばグルメ博覧会(仮称)、2024年に開催決定。史上最大規模のそば博覧会です

全国そばグルメ博覧会(仮称)、2024年に開催が決定しました。2年間の準備期間を設けて開催する、史上 …

日本蕎麦保存会
白いそばと黒いそば、どちらが美味しい? 日本蕎麦保存会/片山虎之介

 そばは、大きく、白いそばと黒いそばに分けられます。  そばが白くなる理由は、ソバの実の中の「でんぷ …

日本蕎麦保存会
在来種のそば粉、おすすめはこちら / 日本蕎麦保存会

在来種のそば粉が美味しいことは、今では常識になっています。 風味の良いそばを打ちたいと思ったら、まず …