常陸秋そばが、おいしいそば産地大賞2020 第2位 /蕎麦鑑定士運営委員会

日本蕎麦保存会

 

(前ページより続く)

 

この土地で長い間、栽培され続けてきた在来種(金砂郷在来)を親として、選抜して作り出したのが、常陸秋そば。昭和62年に品種登録されました。

2020年度、今年流通する常陸秋そばは、やはり台風などの影響を受け、収量はあがりませんでした。

しかし、そばを打ったときのつながりの良さは、改良品種にしては抜群の成績でした。

ある程度の水準の、そば打ち技術を持った人なら、誰が打っても打ちやすく、失敗が少なく、おいしいそばになります。

バランスの良い食味を持ち、落ち着いた甘みと香りを備え、アクの少なさがでんぷんの甘さを生かし、上品で清々しい味わいを実現させていました。

「常陸秋そば」は改良品種なので、在来種とは別の使い方をする必要があります。そこをうまくコントロールしないと、このそばの良さは、引き出せません、

適切な使い方をすると、在来種にはない優れた食味を楽しめる、極上のそばといえるでしょう。

 

 

日本蕎麦保存会
白いそばと黒いそば、どちらが美味しい? 日本蕎麦保存会/片山虎之介

 そばは、大きく、白いそばと黒いそばに分けられます。  そばが白くなる理由は、ソバの実の中の「でんぷ …

日本蕎麦保存会
在来種のそば粉、おすすめはこちら / 日本蕎麦保存会

在来種のそば粉が美味しいことは、今では常識になっています。 風味の良いそばを打ちたいと思ったら、まず …

日本蕎麦保存会
そばがおいしい県ランキング 日本蕎麦保存会

あなたが今まで召し上がった中で、一番おいしかったそばは、何県のそばでしたか? それをメールで推薦して …