関東甲信越のおいしいそば屋

この日、私は長野県上田市に出張していました。職場の友人が青木村に住んでおり、その村にはおいしい蕎麦が食べられるお店があると聞いて、お昼休みに職場の先輩の車に乗せてもらい、そのお店に向かいました。そのお店は「道の駅 あおき」内にあります。「道の駅 あおき」のふるさと体験館では、1年中そば打ち体験ができるそうです。また、毎年11月には「新そば祭り」が行われます。

このお店に行くには。東京駅から北陸新幹線で85分の「上田」駅から、車で約30分はかかります。「こまゆみ」という名のお店で、信州百名山の一つに指定されている「子檀嶺岳(こまゆみだけ)」から名付けられたとのことで、その山を眺めながら食べることもできます。

ネットで調べたのですが、青木村は日本一住みたい「村」ランキング(2016年「田舎暮らしの本」宝島社出版によるアンケート調査により)で第1位に選ばれた村であります。この村には、「リフレッシュパークあおき」があります。豊かな自然に囲まれた60,000㎡の広大な土地には、渓流釣りやアスレチック、パターゴルフなどが楽しめる施設があります。また、古くから名湯と言われている「田沢温泉」や「沓掛温泉」があります。

さて、この青木村で栽培されている蕎麦は、全て「タチアカネ」です。栽培しているときに倒れにくいから「タチ」、成長過程の実は赤いので「アカネ」を合成して名付けられたそうです。平成21年に品種登録されたもので、青木村でしか食べられないものです。白い花が咲きますが、それと同時に大きくなってきた実が赤くなり、赤と白のコントラストが美しいそばです。毎年9月上旬が見ごろだそうです。

お店の外観は、ログハウスのような木で作られたガラス戸で囲まれており、店内は、広々としており天井が高く、周囲の窓ガラスも大きめなので、開放感があり、周囲の景色も絵画のように、きれいな眺めです。お店の入口の前には、メニューが書かれた看板が設置されていました。中でも気になったのが、「石臼挽き青木村特産タチアカネ手打ちそば」でした。「ざるそば(900円)」、「天ざるそば(1,280円)」、「とろろざる(1,130円)」の中から悩んだ挙句、先輩と同じ「天ざるそば」に決めました。

店内に設置されている券売機で、天ざるそばを購入し、商品の受取窓口で食券を店員さんに渡すと、番号が書かれた札を預かりました。窓口には「タチアカネ」のフォトフレームが飾られていました。セルフの給茶機で、コップにお茶を入れて、そのまま席に座り、自分の番号が呼ばれるのを待っていました。数分後に自分の番号が呼ばれましたので、商品の受取場所に行き、店員さんから注文した品をもらって、テーブル席に座りました。

蕎麦の外観は薄い小豆色で、長さは普通で細く、ホシがありました。麺は瑞々しく、角がありました。量は、中年男子にはちょうどいいボリュームだと思いました。本わさびと大根とネギが付いていました。岩塩も付いていました。天ぷらは、海老、茄子、舞茸、エリンギ、いんげん、ズッキーニが入っていました。お新香も2切れ付いていました。蕎麦湯も付いていました。

一口目は、麺を箸で3本つまんで、そのままいただきました。蕎麦にはほんのり甘みを感じました。麺の舌触りは、つるつるしており、麺のコシはしっかりしていました。二口目は、そばの上に岩塩を少し乗せて、そのままいただきました。塩っ気が一層蕎麦の甘味を引き立てているようで、より甘さを感じました。三口目は、そばの上に本山葵を乗せて、そのままいただきました。山葵の辛味が鼻にツーンと抜けていくのと、冷たく冷やされたそばが、口の中の頬にあたり、冷たく感じるのと、麺がしっかりしており、細麺なのに噛み応えがあり、そばのおいしさを感じることができました。

猪口に入ったつゆを味見してみました。汁を舐めてみた印象は、甘さが控えめで、カツオだしの味が効いていました。

いよいよ、そばに山葵を乗せて、そばにつゆを半分つけて、一気にそばを口の中に入れました。そばが冷たいのと、麺がツルツルしているせいか非常にのど越しがよく、つゆの香りも口の中に広がっていきました。あとは、この繰り返しで一気に平らげました。

天ぷらは、サクッと揚がっており、海老もプリプリしていて、おいしくいただきました。地元で栽培された新鮮な野菜なのでしょう。やはりどれもおいしくいただきました。

蕎麦を食べ終えて、蕎麦湯を猪口に注ぎました。ネギも同時に入れました。半透明の蕎麦湯でした。つゆに入れて飲んだのですが、飲んだ印象はつゆの味が程よく飲みやすくなって、さっぱりとした味わいでした。ネギも、シャキシャキしていて、おいしくいただきました。

店内は、広々としており大きなガラスに囲まれており開放感がありました。周囲の景色も抜群でした。何より、「タチアカネ」蕎麦がほんのり甘く、おいしくいただけたことが良かったです。

(レポート提出/いり番茶)

【 店 名 】味処 こまゆみ

【 読 み (ひらがな)】あじどころ こまゆみ

【 店の電話番号 】0268‐49‐0330

【 住 所 】長野県小県郡青木村大字村松26‐1 「道の駅 あおき」

【 アクセス 】「上田」駅から車で30分

【 営業時間 】11:00~14:30

【 定 休 日 】年末年始

【ひとり分の平均的な予算】1000円

【 予 約 】可

【クレジットカード】不可

【 個 室 】無

【 席 数 】50席

【駐 車 場】有(道の駅あおき駐車場 30台)

【 煙 草 】禁煙

【アルコール】無

【店のホームページ】有

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/tiCG7hyJJr7rQeBD7

原っぱ
しんとみの郷(宮崎県新富町)地元のそばの実を自家製粉で

店の入り口にその日の蕎麦を打った人の名前が掲示してある珍しい蕎麦屋さんです。蕎麦打ち教室も開いていて …

原っぱ
鵜戸の里(宮崎県宮崎市)和風民芸調の空間での新蕎麦

宮崎空港から市街地へ向かって10分足らずのところに築120年の西米良村の民家を改築した料理屋さんがあ …

原っぱ
そば処まる (宮崎県綾町)土地柄・店舗・旨さの三拍子

宮崎市西部に位置し、ユネスコパークに指定された綾町にあって、父親が福井県から運んだ前田藩の旧家を利用 …