静岡県のおいしいそば屋

この日、私は静岡県静岡市に出張しておりました。職場の友人が「お昼は何が食べたいの?」と私に尋ねました。昨日は、静岡県民のソウルフードと言われる「さわやか」のげんこつハンバーグに連れて行ってもらいましたので、今日は「2017年にそば百名店に選出された、この蕎麦屋に行ってみたい。」とお願いしました。蕎麦好きの友人も、「行ったことがない。」ということで意見が一致し、車で向かいました。

専用駐車場が、ちょうど空いていましたので、そこに駐車しました。お店は駐車場とは隣りあわせではなく、道を挟んで向こう側になりますので、お気を付けください。お店の外観は普通のお家のようですから、注意しないと通り過ぎてしまうぐらいわかりにくいかもしれませんね。

木曜日の開店の20分前に到着しました。幸運にも一番乗りでした。人気店なので、開店前には私たちのあとに、3組が並んでいました。お店の女将さんが暖簾をかけた後、開店とのことで、丁寧に案内していただきました。

中に入ると土壁がベージュ色で落ち着いた感じの空間になっており、左手には座敷テーブルが3卓あり、右手はカウンター席になっており、その奥が調理場になっていました。和風モダンな内装になっており、小じんまりとした趣のある大人の雰囲気でした。女将さんが、おしぼりとそば茶を持って来られました。丁寧な応対が心地よかったです。

メニューは、冷たいそばと温かいそばに分かれていました。お昼なので、「昼セット(小もり蕎麦、小野菜天丼、小鉢、香の物)」(1,000円)にしようと思ったのですが、「もり蕎麦二種食べ比べ」(1,500円)を注文しました。

7分後に女将さんが、一つ目の品を持ってきてくれました。お蕎麦は「長崎県対馬産の九一そばです。」と教えてくれました。

そばの外観は、薄い小豆色で、蕎麦の香りがしましたので、感激しました。ホシは少しありました。麺の太さは細く、長さは普通で、量は食べてみるとちょうどいい量でした。麺はできたてなので、みずみずしく断面は角がありました。

一口目は、そのままいただきました。麺の舌触りは、ざらざらしていましたが、麺のコシはしっかりしていました。細麺なのに噛み応えがあり、そばのおいしさを感じることができました。

おしゃれな陶器の猪口に入れられたつゆを味見してみました。汁を舐めてみた印象は、深みのある甘さと切れのある塩味がしました。私はこの味が好きです。いよいよ、そばにつゆを半分つけて、一気にそばを噛まずに飲み込みました。そばが冷たいのと、のど越しがよく、つゆの香りも口の中に広がって美味しいですよ。あとは、この繰り返しで一気に平らげました。

食べ終わるとタイミングよく、もう一つのそばを女将さんが運んでくれました。そばの外観は、より薄い小豆色で、ホシは少しありました。麺の太さは細く、長さは普通で、量は食べてみるとちょうどいい量でした。麺はできたてなので、みずみずしく断面は角がありました。

お蕎麦は「福井県大野在来種の十割です。」と教えていただきました。「小豆の味がしますので、まずはどうぞそのままでお召し上がりください。」と教えていただきましたので、その通り食味しましたら、女将さんの言う通りでした。蕎麦が小豆の味がしたので、ほんとに驚きでした。友人も確かに小豆の味がするとのことでした。

次に藻塩をつけて食べたのですが、蕎麦の味がより一層引き立てられて美味しくいただきました。つゆを味見してみましたが、カツオ出汁が効いており、甘くなく、濃い目の味に仕上がっていました。

そばを食べ終えると、店員さんが蕎麦湯を持ってきてくれました。半透明の蕎麦湯でした。つゆに入れて飲んだのですが、飲んだ印象はつゆの甘さが控えめなので、さっぱりとした味わいでした。冷たいそば茶は、香ばしく食後の一服には最適な飲み物であると思いました。

対馬の蕎麦が気になりましたので、ネットで調べてみました。対馬の蕎麦は「対州(たいしゅう)そば」とも言います。この蕎麦は、縄文時代後期に中国大陸から朝鮮半島を経由して対馬に伝わったとされています。小粒で、風味が強いのが特徴で、日本の蕎麦のルーツとされるネパールの蕎麦と似ており、原種に近いと言われています。その希少性、味、風味から高い評価を受けており、農林水産省のGI(地理的表示保護制度)により知的財産に登録され、国際的にブランドとして認定されているようです。このお店はその認定店なのです。

お店を出た後、友人が開口一番に、「次回は、うちの家内と一緒に来たい。ここなら、きっと喜ぶだろう。」と嬉しそうに語ってくれました。

女将さんの愛想の良さと、対州そばには感激でした。私としては、お店の雰囲気、接客態度、お蕎麦の味等を総合して、100点のお店でした。

(レポート提出/いり番茶)

【 店 名 】手打ち蕎麦 たがた

【 読 み (ひらがな)】てうちそば たがた

【 店の電話番号 】054-250-8555

【 住 所 】静岡県静岡市葵区常磐町2-6-7

【 アクセス 】JR静岡駅から徒歩10分

【 営業時間 】昼 11:30~13:30(そばが無くなり次第閉店)
夜 17:30~21:30(蕎麦が無くなり次第閉店)

【 定 休 日 】月曜 全日、日曜 夜

【ひとり分の平均的な予算】2000円

【 予 約 】 可、但しランチは不可

【クレジットカード】可

【 個 室 】無

【 席 数 】 カウンター5席、座敷テーブル3卓

【駐 車 場】 有(3台)

【 煙 草 】禁煙

【アルコール】有

【店のホームページ】なし

【地図にリンク】https://goo.gl/maps/34vwvSRJZJdFd2MB6

福井県のおいしいそば屋
越前蕎麦 見吉屋(福井県福井市)ツルツルとのど越しのよい打ちたて越前そばが人気

見吉屋で一番好きな蕎麦は「岩のりおろしそば」。 キリッと角が立ち、薄らと透明感のある福井県産のそばは …

福井県のおいしいそば屋
蕎麦屋 十九(福井県福井市)表具師が手掛けたオシャレな店内で福井県産の上品なお蕎麦が食べられる

注文したメニュー:おろしそば、かけそば 表具屋のお父さんが手掛けた店内は細部にまでこだわりがあり、季 …

富山県のおいしいそば屋
神通町 田村(富山県富山市)十割そばの食べ比べができる店

注文したメニュー:生粉打ち蕎麦御膳、北海道産十割そば、福井県産十割そば、富山県産十割そば 富山ではな …