青森県のおいしいそば屋

取り寄せそば大賞 郷土そば ランキング

(協力/サライ編集部)

 

【第2位】

野の庵 (青森県弘前市) 津軽そば

 

(概評/片山虎之介)

津軽そばは、呉汁を使っているので時間が経っても、おいしさが持続します。それが、この郷土そばの大きな特徴です。

「なるほど、時間がたっても、おいしい」という審査員(蕎麦のソムリエ)に、「むしろ、さらにおいしくなっているのではないか」と、前に津軽そばを同店で食べたことのある審査員(蕎麦のソムリエ)が言うほど、おいしいそばでした。

国産の在来種を使い、一本棒・丸のしで打ったそばは、食感、味わい、ともに最上級の評価に値するものでした。

そばつゆのまとまりの良さは抜群で、この店の味は年々、進化しているようです。

第一位グランプリのそばと、白熱の接戦でしたが、今回は、僅差で、第二位に落ち着きました。

時期的な、そばの状態の違いかもしれません。

次回、さらにがんばってください。

津軽そばの良さが、最大限に発揮された結果が出ました。食文化のすばらしさを実感させてくれたそばです。

 

コシがあって、なめらかで、なおかつ、もちもちした食感を備えた、すばらしい食味です。

 

津軽そばは、独特な作り方をします。それを細切りに仕上げるのは、高い技術を持ったそば職人にしかできない仕事です。

 

『野の庵』は、明治時代に創業した歴史のある店です。弘前城のお堀のすぐ脇にあります。

 

弘前城は、春は桜、夏は涼しい緑、秋は紅葉、冬は雪景色が美しい青森県の名所です。現在、お城は工事中で、残念ながら見ることができません。

 

『野の庵』は、もともと料亭なので、そばだけでなく、料理のおいしさにも定評があります。これは、そばとセットで提供しているメニュー「あけびカゴ盛り」。遠く県外からも、このそばを食べるために、お客さんが集まります。

 

送られてくるそばは、このような荷姿で届きます。茹で方の説明なども同梱されています。

 

【野の庵の、取り寄せそばの特徴】

 

津軽地方では、在来種のソバが絶滅してしまったため、国産の在来種の中から厳選して、特に風味の良いそばを使っています。

石臼で製粉したものを、一本棒・丸のしで、ていねいに手打ちします。食味は、呉汁の効果で、一度食べたら忘れられないおいしさを維持しています。

のどごしの良さも、高評価を受けました。

 

「蕎麦のソムリエ講座」のページでも紹介していますが、津軽そばは、青森県の津軽地方に伝わる伝統の郷土そばです。その特徴は、そばを打つときに、「呉汁(ごじる)」を入れること。

呉汁とは、大豆を潰して絞った汁です。

これを入れると、そばの持ちが良くなるからと、津軽では昔からあたりまえのように使われてきました。

作るのに手がかかることから、一時期、津軽そばは、地元でも作られなくなっていました。

幻のそばと言われた津軽そばを、昔の製法を研究して蘇らせたのが『野の庵』です。

 

【そばつゆ】

津軽の食文化に、関東の「返し」作りの技術を組み合わせて、『野の庵』ならではのおいしさを作り出しています。もともと、津軽そばは、江戸のそばの影響を受けて生まれた食文化なのです。

 

【取り寄せそばセットの内容】

 

A、津軽そば 4人前セット

5,000円 (税込、送料込み)

 

【内容】

そば一人前は140g、そばつゆ150cc×2(4人分)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

B、津軽そば、ほろ酔いセット  3人前 つゆ付き

5,800円(税込、送料込み)

 

【内容】

そば一人前は140g、そばつゆ200cc×1(3人分)

そばがき用そば粉60g、本わさび(少量)

地酒(吟醸酒、300cc)、紅鮭切り込み(自家製50g)

 

生蕎麦 一箱 4人前 (1人前 120g)

そばつゆ、4人分付き

辛味大根付き(すりおろして、お使いください)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【支払い方法】

代引きです。商品が配達されるのと引き換えに、お支払いください。

代引き手数料は、ご負担ください。

 

【送料、料金表】

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【商品の説明】

〈商品名〉

手打ちそば (生そば)

 

〈内容量〉

そば:4人前の場合、560g (生そばの状態で一人前140g)

つゆ:4人前の場合、150cc×2

 

〈原材料〉

そば粉(国内産在来種)、小麦粉、大豆

汁 鰹節、濃口醤油、砂糖、みりん

 

〈賞味期限〉

袋に表示

 

〈備考〉

商品到着後は冷蔵庫に保存し、翌日までにお召し上がりください。

 

〈製造者〉

(有) 野の庵 青森県弘前市大字五十石町57 〒036-8362

電話 0172-36-0500

 

  • ご自宅でお召し上がりいただくほかに、親しい方へのご挨拶品として、お贈りください。

 

【店のホームページ】

https://nonoan-soba.com

 

【メールアドレス】

【題名、店名をお書きください】

【郵便番号】

【ご住所】

【お電話番号】

【商品をお選びください】

【何セットですか?】

【配達ご希望日を、お書きください(遅くても三日前に、ご注文ください)】

【ご希望の配達時間帯を、お書きください (午前中/14時から16時/16時から18時/18時から20時/19時から21時)】

【おそばのお届け先は、ご住所と同じで、よろしいですか?】

【メッセージ(よろしかったら、このそばを選んだ理由をお教えください)】

 

 

日本蕎麦保存会
二八そばの名前の意味は? 江戸時代、職人の隠語で蕎麦は「縄」と呼ばれていました。二八そばは?

二八そばの名前の意味は?   二八そばの「二八(にはち)」が、どういう意味かという論争は、 …

蕎麦っ子すずちゃん
曳舟 手打ち蕎麦 ながやま (埼玉県越谷市) 民家がお店、看板なし

曳舟駅から徒歩1分ほど。 本当にこんなところにあるのかな?と思う静かな住宅街を歩くと看板が置かれた普 …

日本蕎麦保存会
外二、内二、二八そば(二八蕎麦)、蕎麦と小麦粉の割合を解説/日本蕎麦保存会

外二、内二、二八そば(二八蕎麦)、蕎麦と小麦粉の割合を解説 写真と文 片山虎之介   そば …