サライ12月号(11月9日発売)は、手打ち蕎麦の大特集

その他の記事

11月9日に発売された、小学館発行の「サライ」。今回、「蕎麦は手打ちに極まる」という、手打ち蕎麦の大特集です。

注目すべきお店が、何軒も載っていますが、中でも出色なのが、「3種類の蕎麦の香りを自在に打ち分ける、香りの蕎麦師」小菅孝泰さんのこと。

「3種類の蕎麦の香りって、いったい・・!?」と思った方、鋭い感性の持ち主です。

蕎麦の香りを引き出すことにかけては、当代随一の名人が、「蕎麦旬菜こすげ」のご主人です。

詳しくは、「サライ」をご覧ください。

以下のバーをクリックすると、「蕎麦旬菜こすげ」の公式ホームページにリンクします。

蕎麦好きなら、どうしても一度は、行かなければならない店が、ここのようです。

 

 

 

 

 

 

その他の記事
そばうどん2020(柴田書店)、発売になりました/片山虎之介

柴田書店発行の、日本の蕎麦の世界を牽引する本『そばうどん2020』が、本日、発売になりました。 早速 …