そばカキ

 お店のHPに「<十割そば、田舎二八そば。せいろそば>限定5~10食です」と記載されていたため、午前11時30分開店時刻より30分早い11時頃着くように浜松駅からタクシーで行きました。

 歩いていけない距離ではないのですが、道に迷うとお店に着く時間が遅れ、限定の蕎麦が売切れになることを考えタクシーにしました。

お店に着くと待ち順は2番です。

 

お店の外観は、新しさを感じる民家風のおしゃれな造りです。

 

11時30分まで待つかと思いきや11時10分に開けてくれて、店主が「どうぞお入りください」と言って中に招き入れてくれました。

店主の心のこもったおもてなしを感じました。

お店に入るとまず靴を脱ぎ、民家に上がる感覚で入っていきます。この様な方法は初めての経験であり、非常にアットホーム感を感じました。

 上がるとまっすぐに4名の若干曲がったカウンターがあり、左を向くと、両側に4名並びの座布団があり、しゃれた木のテーブルが有ります。

また、両側の窓が大きく、さんさんと光が入り清潔感に溢れています。 

店内の雰囲気は、木の梁をむき出しで空間の広さを演出しています。

 席の配置は非常に個性的で、びっくりすることばかりでした。

 

他のお客さんも蕎麦を堪能するために来店したかの雰囲気を醸し出していました。一人で蕎麦を楽しむ者から家族で楽しむ者もいました。

まず「たべくらべ」の大盛り、天ぷらを注文しました。

「たべくらべ」は、もりせいろと田舎二八蕎麦が半分ずつ入っています。半分のため少量かと思い、そのため大盛りにしました。さらに、天ぷらも注文したため量的には十分でした。

しかし、常連のお客でしょうか、「たべくらべ」の大盛り、その後「手挽十割そば」の注文の声が響いてきました。なるほどその注文の仕方もいいかなと思い、私もその声に敏感に反応して、この機会を逃すまいとして追加注文しました。今にして思えば我ながら良い判断だったと思いました。

                      

「三種もり」(厳選された玄そばから殻付き十割、田舎、丸抜きを、手挽き石臼により挽いたそば粉使用)を食べたかったのですが、季節限定(季節限定9月~3月)でした。残念です。

運ばれてきたメニューを見た瞬間、これぞ求めていた蕎麦が載っています。

当日の蕎麦粉は、もりせいろは、「福井大野産」で丸抜きしたそばを手挽きした麺の中にボツボツと星のように透けて見える、味、香りの強いそばです。

田舎二八蕎麦は、「常陸秋そば」で殻ごと丹念に手挽きした比較的色の濃いそばです。歯ごたえのあるのど越しの良い蕎麦です。

追加注文した手挽十割そばは、「北海道 牡丹そば」で殻ごと手挽きし、粗く挽き野性味ある黒く透き通る蕎麦です。ざらつき感があり、のど越しが良く、鼻腔を抜ける蕎麦の香りが最高でした。

まずは汁を付けずに蕎麦自体の味を楽しみました。その後、汁を付けて食べるのですが、3種類の蕎麦はそれぞれ汁との相性が良く蕎麦の味を一層引き出していました。

天ぷらは海老と野菜等の6種類で、揚がり加減が絶妙でとても美味しかったです。また、天ぷらのつゆではなく塩で食するところが粋です。

今回は量的に食べることができなかった「そばがき」を次回は食べてみたいです。

 そして最後はやはり蕎麦湯です。ゆっくりとしかもたっぷりと飲み、至福の時間が終わったことを感じます。

 満腹感でいっぱいのまま、お店から浜松駅までは歩いて行き、途中の景色を楽しみました。

 

(レポート/そばカキ)

 

【 店の電話番号 】053-463-2879

 

【 住 所 】静岡県浜松市中区中島1-31-1

 

【 アクセス 】JR浜松駅南口より約1.3km

 

【 営業時間 】昼のみ 11:30~14:00 ※蕎麦がなくなり次第終了

 

【 定 休 日 】毎週月曜、火曜、金曜
第一土曜日、日曜日
但し、第一金曜日は営業します。

 

【ひとり分の平均的な予算】昼   2,000円~3,000円

 

【 予 約 】 不可

 

【クレジットカード】 不可

 

【 個 室 】 無

 

【 席 数 】 12席

 

【駐 車 場】 8台

 

【 煙 草 】 禁煙

 

【アルコール】ビンビール、冷酒

 

【店のホームページ】

http://www12.plala.or.jp/sobaya/

 

 

ともかず
蕎麦しみず(埼玉県上里町)店内に褐色な木を使いつつの和モダンcafe風

Googleマップで発見し、興味を持って行ってみた。 外観はシンプルでモダンな最近多い和モダンの蕎麦 …

ともかず
蕎麦膳 葵 (埼玉県羽生市)私のリピート確定の蕎麦店

こちらは知人の紹介で知ったお気に入りの蕎麦処。 店の外観は主要道路沿いに位置した、昔ながらの店構えな …

ともかず
文楽 東蔵(ぶんらくあずまぐら) (埼玉県上尾市)酒蔵の営むモダンだが本物の蕎麦店

JR上尾駅より東口を降り旧中山道を下方面に少し行くと、進行方向の右側に、外観も店内もセンスのいいスッ …