福井在来が、おいしいそば産地大賞2020 第1位 グランプリ/日本蕎麦保存会

日本蕎麦保存会

 

(前ページより続く)

・・・まだ、今の時期は、新そばなので、あまり強い主張はしていません。それでも十分に、香りと味と、つながりの良さは、確認できました。他の地域の在来と比べても、頭一つ抜きん出ているという印象を受けました。

そばを評価する際、色についても、良いとか、悪いとか言われますが、そば(麺)の色は、収穫した実の色が、そのまま反映されるわけではありません。製粉の方法や、麺の作り方などによって、どのようにでもコントロールできます。

そば(麺)の色は、そば産地の話から、次のステップに進んだときの問題ですので、ここでは評価の対象にはしていません。

栽培した年によっても、おいしさは変動しますが、2020年度のそば産地では、福井県が圧倒的な強さを発揮しました。

台風の影響で収穫量は、かなり落ち込み、良いそばは、なかなか手に入りません。どこかのそば屋さんで「本日のそば、福井在来」と書いた貼り紙があったら、迷わず、のれんをくぐって「おいしいそば産地大賞2020」グランプリのおいしさを、楽しんでください。

 

 

特集記事のcontentsへ
年越しそばの正しい食べ方。三つのタブーを避けて厄払い

文と写真 = 片山虎之介   年越しそばは年末に行われる、日本人に馴染みの深い国民的行事で …

日本蕎麦保存会
美味しい蕎麦つゆの作り方は、日本蕎麦保存会におたずねください

温かいおそばのメニューは、おそば屋さんにとって、とても重要です。温かいそばが美味しいと、女性のお客さ …

日本蕎麦保存会
日本全国そばグルメ博覧会(仮称)、2024年に福井県で開催が決定。史上最大規模のそば博覧会です

日本全国そばグルメ博覧会(仮称)、2024年に開催が決定しました。2年間の準備期間を設けて開催する、 …