二八そばの名前の意味は? 江戸時代、職人の隠語で蕎麦は「縄」と呼ばれていました。二八そばは?

日本蕎麦保存会

二八そばの名前の意味は?

 

二八そばの「二八(にはち)」が、どういう意味かという論争は、江戸の昔から繰り返されてきました。

 

2×8=16文の代価説

二八そばの値段が16文だった時代に、九々で「2×8=16」と言うことから、16文を「二八」と呼んだという代価説が有名です。

当時の江戸っ子は、仲間うちだけに通じる隠語を使って話すことを粋と考えました。

例えば、「そばを手繰る(たぐる)」という言い方がありますが、大工の職人の間では、「縄」とか「下げ縄」とは「そば」を意味しました。

「きょうは縄でも手繰るか」と言えば、「きょうはそばを食べようか」ということの粋な言い方だったのです。

小麦粉2割 対 そば粉8割の配合率説

もう一つの説は、二八そばを打つとき、そば粉8割に小麦粉2割を混ぜて作るため、この比率から名付けられたと言う配合率説。現代のそばの世界で二八は、こちらの配合率の意味で使われています。

代価説、配合率説、どちらが正しいのかというと、蕎麦研究家の新島繁さん(1920〜2001)が答えを出しています。

それによると、そばの値段は時代により変動してきたため、その値が20文を超えた慶応年間(1865〜1868)を境に、慶応以前は「2×8=16文」の代価説。慶応以後は、8割対2割の配合率説が正しいとのこと。

 

江戸時代のそばの値段

参考までに、江戸時代のそばの値段の推移を記しておきます。

そばが16文になったのは、文政年間(1818〜1830)のこと。それ以前は、7文から14文ほどで、安い値段でした。

天保年間(1830〜1844)には、16文で安定しますが、贅沢を禁ずる改革令により、一時期、15文に引き下げられます。

万延年間(1860〜1861)には、16文に戻りました。

その後、慶応年間になると、20文から50文と、高価になっていきました。

  • 参考資料/蕎麦の事典(新島繁著、講談社学術文庫)※片山虎之介が解説を書いています。

 

関東地方のおいしいそば屋
江戸蕎麦ほそ川 (東京・墨田区) 本来の江戸そばを味わえる屈指の名店/日本蕎麦保存会

江戸蕎麦ほそ川 (東京・墨田区)   そばは全て、風味豊かな生粉打ち(十割そば)。 牡蠣や …

日本蕎麦保存会
外二、内二、二八そば(二八蕎麦)、蕎麦と小麦粉の割合を解説/日本蕎麦保存会

外二、内二、二八そば(二八蕎麦)、蕎麦と小麦粉の割合を解説 写真と文 片山虎之介   そば …

日本蕎麦保存会
蕎麦のソムリエ講座、これまでに開催した講座の記録、そば打ち講師・片山虎之介、松本行雄

【これまでに開催した講座の記録】   蕎麦のソムリエ講座で、これまでに開催した講座の一部で …