日本蕎麦保存会

そばを食べて温暖化を止めましょう。魚資源を守るクラウドファンディングにご協力ください、蕎麦研究家・片山虎之介

進行する温暖化と、まき網などによる乱獲が原因で、日本の魚の漁獲量が激減しています。 ずいぶん前から問 …

日本蕎麦保存会

次々回の予告、そば打ち教室/蕎麦のソムリエ講座

【次々回の予告】 9月14日(月曜) 蕎麦のソムリエ講座の予告です テーマは《「白いそば」の魅力》 …

特集記事のcontentsへ

もぐら庵の遊印刻々 〈連載第一回〉 妖怪アマビエの印

連載、第一回です。 もぐら庵さんは、遊印家(ゆういんか)といって、篆刻(てんこく)に遊びの要素を取り …

青森県のおいしいそば屋

二八そばが 最高に美味しい 蕎麦屋 全国厳選10店

二八そばが最高に美味しい蕎麦屋 全国厳選10店 写真と文 片山虎之介   二八そばの命は、 …

特集記事のcontentsへ

十割そばのおいしさを引き出す食べ方、5種類の十割そばを味わう

十割そばのおいしさを引き出す食べ方 写真と文 片山虎之介   十割そばの基本は5種類 十割 …

日本蕎麦保存会

お取り寄せそばを、もっとおいしくする。通販のそばを美味しくするアイデア/片山虎之介

お取り寄せそば・蕎麦を、もっとおいしく楽しむ方法                写真と文 …

日本蕎麦保存会

お取り寄せそば大賞、ランキング発表 ! /日本蕎麦保存会

お取り寄せそば大賞、ランキング発表 ! /日本蕎麦保存会 (協力/サライ編集部) お待たせしました。 …

特集記事のcontentsへ

そば乾麺を、自宅で、おいしく食べる方法/蕎麦のソムリエ講座

そば乾麺を、自宅で、おいしく食べる方法                【蕎麦のソムリエ講座】Web版 …

青森県のおいしいそば屋

お取り寄せそばなら「津軽そば」。呉汁を使っているため、おいしさが長持ちします/日本蕎麦保存会

『野の庵』の津軽そばを送って欲しいという声は、以前からあったのですが、そば打ちに手間がかかるため、対 …

東北地方のおいしいそば屋

手打 梅蕎麦 (山形県山形市) 山形で一番の十割そば / 日本蕎麦保存会

山形は、東北屈指のそば処。だから、腕のいい、おいしい店があります。 その中から、おすすめしたいのが、 …

三重県のおいしいそば屋

そば処 老梅菴(庵) (三重県四日市市) 三重県ナンバー1のそば屋/ 日本蕎麦保存会

《全国 おいしい蕎麦屋ランキング》 写真と文=片山虎之介   そば処 老梅菴(庵) (そば …

新潟県のおいしいそば屋

越後へぎそば処 粋や (新潟県新潟市) 緑色のホシが飛ぶ美しいそば

  【越後へぎそば処 粋や】 「へぎそば」は新潟、魚沼地方の郷土そば   新潟県 …

日本蕎麦保存会

東京のおいしいそば屋ベスト10

《東京のおいしいそば屋ベスト10、50人の蕎麦鑑定士と片山虎之介がランキング》   【東京 …

特集記事のcontentsへ

藪蕎麦 宮本 (静岡県島田市) 江戸そばの原型がここにある / 日本蕎麦保存会

《全国 おいしい蕎麦屋ランキング》 写真と文=片山虎之介 ・ 藪蕎麦 宮本 (やぶそば みやもと) …

日本蕎麦保存会

美味しい蕎麦屋、ランキング、蕎麦屋ベスト10/日本蕎麦保存会

《おいしい蕎麦屋ランキング》 (協力/サライ編集部)   一生に一度と言わず、何度も食べた …

日本蕎麦保存会

そば打ち教室、東京、蕎麦のソムリエ講座のご案内/日本蕎麦保存会

【蕎麦のソムリエ講座のご案内】   そば打ち教室「蕎麦のソムリエ講座」に、ようこそいらっし …

蕎麦に小麦粉を入れるのは、なぜ?
特集記事のcontentsへ

蕎麦に小麦粉を入れるのは、なぜ?

蕎麦に小麦粉を入れると、何が起きるのか?   十割蕎麦とともに人気の高いのが二八蕎麦。蕎麦 …

特集記事のcontentsへ

そば乾麺をおいしくする茹で方。NHKあさイチでも紹介しました/そば研究家・片山虎之介

そば乾麺は、正しく茹でれば、びっくりするほど、おいしい蕎麦になります。重要なのは茹で方。ほんとうに正 …

二八そばの写真
特集記事のcontentsへ

二八そばがおいしい理由と小さな落とし穴/そば研究家・片山虎之介

  二八そばの、小さな落とし穴 二八そばとは、なんでしょうか。 そば好きの方なら、ご存じで …

特集記事のcontentsへ

十割そばと二八そば、どちらがおいしい/そば研究家・片山虎之介

そば好きは、十割そば派と、二八そば派に分かれる そば好きには大きく分けて、十割そば支持派と、二八そば …

特集記事のcontentsへ

「かけそば」と「もりそば」どちらがおいしい? / 片山虎之介

かけそばの注文がはいると、必ず一声かけた 東京・浅草の『並木藪蕎麦』の二代目主人であった堀田平七郎さ …