関東甲信越のおいしいそば屋

蕎麦旬菜こすげ (長野県長野市)

 

深い深い香りの十割そばが味わえる、比類なき名店

『蕎麦旬菜こすげ』で蕎麦を食べたら、そのおいしさに驚かれることでしょう。

でも後日、「あの十割そばが、おいしかったから、どこかでまた十割そばを食べよう」と、別の店に行って十割そばを頼んでも、決して同じような蕎麦は出てきません。

『蕎麦旬菜こすげ』のような蕎麦を作ることのできる蕎麦職人は、ほとんどいません。この店の蕎麦は、特別なのです。

「香りの魅力を、徹底的に追及した十割そば」が、この蕎麦になります。

蕎麦を作る上で、「香り」は最もコントロールしにくいものです。

陽炎(かげろう)のように捕らえどころがなく、縛り付けておくことも、どこかに閉じ込めておくこともできません。

そして、香りも味も生き物です。時間が経つにつれて、老化していきます。命のある生き物だから、これは避けられないことなのです。

『蕎麦旬菜こすげ』で、最高の美味しさが味わえるのは、1月から3月くらいまでの間がベスト。そのあとは、少しずつ少しずつ、蕎麦は歳をとっていきます。

ある段階になったら、十割そばはやめて、二八そばに切り替えます。

それは十割そばの香りが弱くなってきたら、蕎麦のもうひとつの魅力、二八そばの食感の魅力を、お客さんに楽しんでもらうためです。

夏以降、この店は、二八そばの名店になります。

主人の小菅孝泰(のりやす)さんは、香りを自在に引き出すという、他の蕎麦職人には真似のできない技術を持った職人ですから、蕎麦の食感の魅力も完全にコントロールします。

 

そういう意味では、「十割そばと二八そば、どちらが美味しい?」という問いの答えをみつけるには、『蕎麦旬菜こすげ』に、冬と夏の2回、訪れて、「極み」というメニューを食べてみれば、納得できる答えにたどりつくことができるでしょう。

すばらしい蕎麦です。何度も訪ねて、季節ごとの食味を満喫してください。

 

 

 

【 店の電話番号 】

電話: 026-219-2376

 

【 住 所 】

長野県長野市北石堂町1390-1

 

【 アクセス 】

JR長野駅から徒歩約5分。

 

【 営業時間 】

11時30分~13時30分 (L.O.13時)

17時30分~22時 (L.O.21時)

 

【 定 休 日 】

月曜

 

【ひとり分の平均的な予算】

昼2,000円

夜5,000円

 

【クレジットカード】

不可

 

【 個 室 】

あり、6席

 

【 席 数 】

18席 ( 宴会・パーティーで使う場合は、 24人が着席可能 )

(内訳・カウンター6席/テーブル12席/個室座敷6席)

 

【駐 車 場】

なし

 

【 煙 草 】

ランチタイムは禁煙

 

【アルコール】

信州の、地酒が揃っている

 

【店のホームページにリンク】

https://kosuge-soba.com/

 

【地図にリンク】

https://goo.gl/maps/DaR3ysSP3JJLoVM59

 

 

 

 

 

関東地方のおいしいそば屋
『手打蕎麦 じゆうさん』抑制の効いた上品な十割そば/日本蕎麦保存会

手打蕎麦じゆうさん (東京・中野区)   正直言って、東京で良い店を探すのは、なかなか難し …

青森県のおいしいそば屋
『野の庵』津軽そばの美味しさは、郷土そばの宝物/日本蕎麦保存会

野の庵 (青森県弘前市)   『野の庵』は、一時は途絶えていた幻の郷土そば「津軽そば」を復 …

関東地方のおいしいそば屋
『そば一仁』同じ材料で、十割と二八の味の違いを知る/日本蕎麦保存会

そば一仁 (東京・千歳船橋)   この店には、二八そばと同時に、十割そばもありますが、私は …